玉井清(慶應義塾大法学部教授)

 新型コロナウイルス感染拡大をめぐる政府の対応に注目が集まっている。「平時」でなく「非常時」に際し、どのような決断をするか、政治の真価が問われる瞬間である。

 もっとも、一口に「非常時」と言っても、ある出来事が発生したとき、それが非常時であるのか否か、非常時だとしてもどの程度の非常時であるのか、判断の難しい場合の方が圧倒的に多い。そうした状況の中、政治は決断を迫られる。

 さらに、政治の決断には、薬の副作用同様、種々の不都合の発生が予想され、場合によってはマイナス面がプラス面を上回ることさえある。こうした利害得失を十分勘案した上で、政治家は、決断をし、あるいは決断しない選択をするが、その結果には全責任を負う。その覚悟なき者は政治に携わるべきではないだろう。

  アメリカで2001年9月11日(9・11)に米同時多発テロが起きたとき、筆者はボストンに滞在していた。ニューヨークのワールドトレードセンターに2機のハイジャックされた旅客機が、さらにワシントンのペンタゴンに(米国防総省)3機目が突入した。

 その直後、アメリカ政府は、アメリカ大陸の上空を飛ぶ全ての飛行機に対し強制着陸の命令を出した。警告しても、それに従わない飛行機はハイジャック機と見なすと宣言した。

 これは、究極の場面では撃墜する許可が空軍に出され、全ての飛行機ということは旅客機も含まれていることが想像された。ハワイもアラスカも含め全ての国境と空港が瞬時に閉鎖された。

 20年も前のことであるが、その瞬間、背筋が寒くなったことを鮮明に覚えている。アメリカで生活したことのある人は知っているであろうが、日本のように都市間を結ぶ鉄道は発達していない。移動は飛行機が主である。ボストンとニューヨーク、ニューヨークとワシントン、ビジネスに携わる人は、まるでバスに乗るように飛行機で往来している。それが全て止まるということである。

 あらゆる商談はキャンセルされ、命に関わる緊急の血液や臓器、薬品や医師の移動もできなくなる可能性がある。アメリカの全ての日常が止まることを覚悟しなければならない。アメリカ国家全体への攻撃と捉え、政治が全責任を背負い、重い決断を即座に行った瞬間であった。その決断は、国家の危機であることを全国民に明確なメッセージとして伝えた瞬間でもあり、そのことは外国人である筆者にも容易に理解できた。

 日本のメディアは、小学校の児童を前にしたジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)が側近から一報を聞き、呆然自失の表情をした顔のアップを繰り返し茶の間に伝え続けた。危機にうろたえる無能な政治指導者として。
米同時多発テロに関するブッシュ大統領の演説を街頭テレビで見るカップル=2001年9月、米ニューヨークのタイムズ・スクエア(大井田裕撮影)
米同時多発テロに関するブッシュ大統領の演説を街頭テレビで見るカップル=2001年9月、米ニューヨークのタイムズ・スクエア(大井田裕撮影)
 その一方で、非情とも言える政治の決断が瞬時に行われた事実とその意味することについてはほとんど注目しなかった。