2020年03月05日 14:51 公開

米カリフォルニア州で4日、新型コロナウイルスによる初の死者が確認され、同州は非常事態宣言を出した。アメリカでワシントン州以外において死者が出たのは初めて。同国の死者数は11人となった。

当局によると、基礎疾患のあった71歳男性が、カリフォルニア州サクラメント近くの病院で亡くなった。

男性は先月、クルーズ船「グランド・プリンセス」でサンフランシスコからメキシコを訪れており、旅行中に新型ウイルスに感染したとみられている。

このクルーズ船は、日本で停泊中に集団感染が確認された「ダイヤモンド・プリンセンス」号と同じく、米英に本拠を置くカーニヴァル社が運航していた。

<関連記事>

アメリカで新型ウイルスによる感染症COVID-19に感染したと確認された人は、少なくとも16州で計150人に上っている。

米政府は4日、新型ウイルスの検査を全国で拡大した。

世界的には新型ウイルスの感染者は9万2000人、死者は3000人をそれぞれ超えた。感染者の8万人以上と、死者の大多数が中国で確認されている。

ウイルス検査を拡大の方針

アメリカでの死者11人のうち10人はワシントン州に集中しているが、テキサス州やネブラスカ州でもアウトブレイク(大流行)が起こっている。

ワシントン州とフロリダ州は感染拡大を抑えるため、先週末に非常事態宣言を発令した。

米政府の新型ウイルス対策担当、マイク・ペンス副大統領は4日、医師の指示を受けたアメリカ人は全員、新型ウイルスの検査を受けられると述べた。また、新型ウイルスに関する定例の記者発表を報道陣のカメラの前で行うとした。

さらに、疾病対策センター(CDC)が検査に関する制限を解除し、新たなガイドラインを出すと述べた。

無保険だと11万円かかる場合も

ただ、検査の現場からは、対応能力には限界があるとして、ペンス氏の約束の実現性に疑問を投げかける声も上がっている。

加えて、健康保険に入っていない場合は検査費用が最高1000ドル(約11万円)かかるとされることから、コストも問題になっている。

これまで一部の保健当局者から、トランプ政権の新型ウイルス対策が後手後手に回っているとの批判が出ている。

米下院は4日、新型ウイルス対策として83億ドル(約8900億円)の緊急支援予算案を可決した。

マット・ゲイツ下院議員(フロリダ州)は、ガスマスクを着けて議場で投票に臨んだ。理由は不明。

https://twitter.com/RepMattGaetz/status/1235309294146539520


ニューヨーク市郊外では、感染者の小集団(クラスター)が確認され、今回の新型ウイルス対応の難しさを浮き彫りにしている。

このケースでは、郊外のウェストチェスター郡ニューロシェル市からマンハッタン中部に通勤する50歳の弁護士が発症。妻と子ども2人の感染も確認された。さらに、弁護士を病院に車で運んだ隣人と、弁護士の友人、その妻と子ども3人も感染した。

同郡では現在、1000人近くが自主隔離をしている。


米政府は2月以降、中国に過去2週間以内に渡航した外国人の入国を禁止している。

米旅行協会は3日、外国からアメリカへの旅行者数は5月にかけ、前年比6%減少するとの見通しを発表した。2008年の金融危機以来、最大の下落だという。昨年は外国から約7930万人がアメリカを訪れた。

中国以外で最大の感染者数が出ている韓国は4日、新たに516人の感染を確認し、感染者は計5328人になったと発表した。同国の死者は35人。

世界銀行は、経済の減速が不況を引き起こす恐れがあるとして、新型ウイルス対策に取り組む途上国に120億ドルの支援を決定している。

(英語記事 California declares emergency over coronavirus