2020年03月06日 12:01 公開

イギリスで、新型コロナウイルスによる初の死者が5日、報告された。死亡したのは既往症のある70代の女性で、「新型ウイルスではない別の症状で入退院を繰り返していた」という。

この女性は4日に再入院し、新型ウイルスによる感染症(COVID-19)と診断された。

イギリスでは24時間で新たに30人以上が新型ウイルスに陽性と判明し、全体での感染者数は116人に上っている。

<関連記事>

イングランド医務主任のクリス・ウィッティー教授は、レディングのロイヤル・バークシャー病院で治療を受けていた女性は、イギリス国内で新型ウイルスに感染したとみられていると説明した。

BBCのニック・トリグル保健担当編集委員によると、この女性には最近、国外に渡航した履歴はないという。

当局は現在、この女性と接触した人を追跡している。

イギリス国内の感染者116人の内訳はイングランドが105人、スコットランドが6人、北アイルランドが3人、ウェールズが2人。

このうちおよそ45人が自宅で自主隔離を行っている。また、18人が回復した。

トリグル保健担当編集委員は、当局が感染経路を特定できていない患者は10人で、最近の海外渡航歴などがないと報じている。

日本では先週、大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船し、COVID-19に感染していたイギリス人1人が亡くなり、イギリス人として最初の死亡例となっている。

米カリフォルニアに停泊中の別のクルーズ船でも感染者が確認されたが、この船にはイギリス人が140人以上、乗船しているという。

ボリス・ジョンソン首相は、イギリスはなお感染対策の第1段階である「封じ込め」段階にあると強調。一方で、科学者や医療関係者は次の「エピデミック(感染流行)を遅らせる」段階への準備を始めていると述べた。

イギリス政府はウイルス対策として「封じ込め」、「流行の遅延」、「研究」、「流行の最小限化」の4段階を想定している。

第2段階については、大規模イベントの禁止、学校閉鎖、在宅勤務の励行、公共交通機関の利用を控えるなどの施策が考えられているという。

マット・ハンコック保健相は、政府は「スーパーマーケットと協力」し、自主隔離を行っている人に日用品などが供給されるよう働きかけていると述べた。

また、「医療従事者に関する登録ルールを変更」し、最近、定年退職した医療従事者が現場に戻れるようにすることも視野に入れていると話した。

イタリアからの渡航者に自主隔離を呼びかけ

イギリス政府はイタリア全土を「懸念のある地域」に指定した。これまでは北部だけが対象だったが、今後はイタリア全土からの渡航者について、COVID-19とみられる症状がある場合には自主隔離を励行する。

また、イタリア国内で封鎖されていた地域からの渡航者については、症状がなくても自主隔離を行うよう呼びかけている。

イタリアでは現在、3000人以上の感染が確認され、欧州で最も流行が拡大している地域となっている。

世界全体ではこれまでに9万2000人以上が感染しているが、うち8万人以上はウイルスの発生した中国に集中している。

COVID-19による死者は3000人を超えており、こちらも大半は中国での報告だ。

(英語記事 Woman in 70s becomes first virus fatality in UK