2020年03月09日 19:53 公開

フィリピンのルソン島では1月、湖に浮かぶタール火山が噴火し、火山灰が数キロにわたって空に舞い上がった。

周辺地域からは何千人もの住民が避難した。

その後、警戒レベルが引き下げられたため、一部の住民が一時帰宅し、行方不明の家族を探したり、被害の状況を確認したりした。