2020年03月11日 13:50 公開

中国の習近平国家主席は10日、新型コロナウイルスの感染が大流行した湖北省武漢市を訪れ、政府が事態を収拾させたとのメッセージを発した。

中国は10日、新型ウイルスの新たな感染者が19人にとどまり、これまでで最少となった。うち2人は海外からの渡航者で、その他は全員、武漢市で確認された。

中国の感染者は約8万800人で、3100人以上が死亡した。


新型ウイルスの流行が始まって以来、習氏が武漢市を訪れたのは初めて。いつまで滞在するかは明らかにされていない。

国営メディアによると、習氏は感染拡大防止策などの取り組みを視察。自主隔離をしている市内の地域も訪問した。

武漢市と同市がある湖北省は、感染拡大を防ぐため閉鎖状態にある。

習氏は訪問中、湖北省での感染について、「基本的に抑え込んだ」と宣言。「初期の取り組みの成功によって状況は安定し、湖北省と武漢市おける潮目は変わった」と述べた。

国営メディアは、今回の訪問が「中国は大流行の暗い時期から出していると、国全体と世界に向けて強いシグナル」を送ったとする、アナリストの話を伝えた。


習氏はまた、武漢市に10日間で建設された一時施設の火神山医院も訪問。ビデオ映像を介してスタッフや患者と話をした。

この訪問から間もなくして、全国に14あった一時的な病院が全て閉鎖されたと、国営メディアは報じた。

BBCのスティーヴン・マクドネル中国特派員は、習氏の武漢市訪問は、近いうちに少なくとも湖北省内で、交通網や商店が再開するであろうことを示していると説明。中国のその他の地域では、より早くさまざまな事が動き出すだろうと述べた。

中国人民大学の張鳴(ジャン・ミン)教授は習氏の訪問について、「彼は成果を手にするために訪問した。彼が現地を訪れたことは、中国共産党が近く、新型ウイルスとの戦いに勝利宣言をするだろうことを意味する」とロイター通信に語った。

徐々に平常に向かう

新型ウイルスの流行が始まって以来、習氏の姿が国営メディアに現れる回数が明らかに減った。しかし、国営テレビ局CGTNは10日、習氏は「個人的に今回の病気の予防と抑制の取り組みを指揮していた」と伝えた。

孫春蘭副首相が先週、武漢市を訪れた際には、視察のために清掃がなされたとする住民たちが孫氏に不満をぶつけた。

新たな感染者が急激に減るなか、中国では人々の生活が徐々に平常に戻りつつある。

青海省では休校になっていた高校や職業訓練校など144校が9日、再開された。

国営メディアは同日、武漢市の天河国際空港が再開準備を進めていると伝えた。ただ、再開日は正式に発表されていない。

上海にあるディズニーランドは部分的に営業を再開したとしている。メインのテーマパークは閉じたままだが、店舗やレストランは再開したという。

(英語記事 China seeks to signal coronavirus under control