2020年03月13日 16:13 公開

アメリカでは新型コロナウイルスの検査システムがうまくいっていないと、同国の保健当局トップが認めた。

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ博士は、12日の連邦議会下院公聴会で、「現在の検査システムは我々の必要に即していない(中略)それを認めましょう」と述べた。

アメリカでは他の感染国に比べ検査の件数が極端に少ないとして、当局への批判が高まっている。

同国で確認された新型ウイルスの感染者は1300人を超えた。

ドナルド・トランプ大統領は、「すばらしい検査が整備された」と主張するものの、詳細は明らかにしていない。アメリカでは新型ウイルスの検査で、決まった方式のものはない。

アメリカでは何人が検査?

マイク・ペンス副大統領は12日、米CNNのインタビューで、新型ウイルス検査を受けた人数は確認できないとし、「専門家に任せる」と述べた。

米疾病対策センター(CDC)によると、アメリカでは1月以降、少なくとも1万1079個の検体が調べられた。ただ、患者1人が少なくとも2つの検体を提出するのが一般的なため、検査を受けた人数は検体数より少ないとみられている。

さらに、民間の病院や研究所で検査を受け、CDCに報告されないケースもあることから、当局は全体の把握が難しいとしている。

<関連記事>

米誌アトランティックは、独自計測でこれまでの検査人数を約8000人としている。一方、米政治ニュースサイトのポリティコは、保健当局の説明を聞いた上下両院の与野党議員の話として、検査済みの人は1万人以下だと報じた。

アメリカとは対照的に、韓国では21万人以上が検査を受けた。現在も毎日2万人近くを検査している。イギリスでは2万9700人以上が検査を受けており、1日の検査人数は1000人を超えている。

アメリカの隣国カナダでは、新型ウイルスの感染者は100人ほど確認されている。うち約半数は、これまで4185個の検体を調べたオンタリオ州で見つかっている。

ファウチ博士は12日の下院公聴会で、アメリカは検査に苦労していると発言。「他の国のように、誰もが簡単に(検査を)受けられるという体制になっていない。そうあるべきだと思うが、そうではない」と述べた。

なぜアメリカは少ない?

アメリカは1月、世界保健機関(WHO)が承認した検査キットの使用を断り、CDCが独自に検査を開発した。ところが、その検査の製造過程において欠陥が見つかり、多くの検査結果が判定不能となった。

下院公聴会に出席した議員によると、検体を取るための綿棒や手袋の不足により、検査キットの供給に支障が出ているという。

CDCのトップは今週に入り、「十分な器具も人も内部能力もない」、「本当のところ(中略)公衆衛生の研究所に対する投資が少な過ぎた」と述べていた。

共和党からも批判

トランプ大統領が11日に欧州26カ国からの渡航制限を発表すると、ナンシー・ペロシ下院議長やチャック・シューマー上院院内総務ら民主党幹部は、検査キットの不足に触れていないと大統領を批判した。

政権批判は共和党からも出ている。ジェイムズ・ランクフォード上院議員は、「速やかで効率的な検査の実現には程遠い」と不満をあらわにし、検査を望む人は全員受けられるとトランプ氏が述べたのは「正確ではない」と述べた。

同党のミット・ロムニー上院議員も、検査が遅れているのは「とてもいらいらする」とし、「カウンターを拭くウェットティッシュも、アルコール消毒液も手に入らない(中略)検査を受けるのもとても難しい」と口にした。

<解説> 「準備ができていなかった」――アシタ・ナゲシュ、BBCニュース

米ワシントン州シアトルで新型コロナウイルスの感染が確認され、国内大流行の発生源となったころには、イタリアやイランといった国々では感染が急速に拡大していた。

にもかかわらずシアトルの医師たちは、自分たちの病院は今後の事態に向けた準備ができていないと話していた。

ワシントン大学病院のアレックス・アダミ博士は、「今回の病気の予防はどうしたらいいのか、検査はどうやるのか、患者をどう手当てするのかについて、誰も実際に訓練を受けた人はいなかった」と述べた。

その結果、病院で複数の職員や患者がウイルスにさらされたという。

匿名を希望した同病院の別の医師は、必要な準備ができなかったのは「ばかげている」と批判。それが、感染拡大の悪化につながったかもしれないと述べた。

病院は当初、幅広いスタッフの訓練は必要ないとしていた。新型ウイルスに対応するスタッフは少ない方が、感染のリスクを限定できるというのが理由だった。

シアトル市内の病院はその後、対応手続きを改善した。だがアダミ博士は、同じ過ちはアメリカのどこででも起こり得ると話す。

「国内の他の病院は私たちの例を見て、『どうすれば、もっとうまくいく?』と考えてほしい。国民には私たちの例から、後手後手に回るのではなく早め早めの対応が必要だと学んでほしい」


予防について知る

感染症について知る

在宅勤務・隔離生活について知る

(英語記事 US admits 'failing' on coronavirus testing