2020年03月14日 15:17 公開

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は13日、新型コロナウイルスの感染拡大について、今では欧州が「震央」だと述べた。

テドロス事務局長は、「この火事が燃えるのをただ放置しないように」と述べ、住民同士が接近しないようにする「社会距離戦略」の実施など、人命を守るために積極的な措置を取るよう各国に促した。

欧州では感染者や死者の急増が続いている。中国を除き今や世界最多の感染者が確認されているイタリアでは14日早朝現在、過去24時間で250人が死亡した。これまでに感染が確認された人は計1万7660人、死者は計1266人に上る。


(グラフは中国以外で感染が広がる様子。感染者が最も多い国や場所の順番が日を追うごとに入れ替わる)


欧州ではイタリアに次いで感染者の多いスペインでは、13日だけで死者数が50%急増。感染者は4231人に増えた。

スペインのペドロ・サンチェス首相は、14日から2週間にわたり国家的な警戒態勢を発動すると発表した。

感染拡大を防ぐため、本来なら自由に通過できる欧州各地の国境で、外国人の入国を禁止したり、健康状態の確認などの検査が導入されている。


なぜ欧州が「震央」なのか

WHOによると13日現在、世界123カ国で13万2700人以上が、新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」を発症していると診断された。

そのうち約5000人が死亡したことを、テドロス事務局長は「悲劇的な一里塚」だと呼んだ。

「欧州は今やパンデミック(世界的大流行)の震央となった。中国を除けば、報告される感染者と死者の数は世界の他地域の合計よりも多い」とテドロス氏は述べ、「中国で感染拡大のペースが最悪だった時よりも、今の欧州は1日ごとに感染者が増えている」と危機感を示した。

イタリアとスペインのほか、フランスでは12日に61人の死亡を確認。これまでの感染者数は2876人、死者は79人になった。

ドイツでは3062人の感染と5人の死亡が確認された。イギリスでは798人の感染と11人の死亡が確認された。


欧州各国の対応は

警戒態勢を宣言したスペインのサンチェス首相は、「全市民の健康をより良く守るため、国家が持てる全リソースを動員する」と述べた。

政府は14日から最大15日間、市民の移動を制限し、退避を命令し、特定の場所の出入りを禁止、産業に介入できるようになる。

「勝利は私たち1人ひとりにかかっている」と首相は述べ、「ヒロイズムとは、自分の手を洗い、自宅に留まることだ」と市民に呼びかけた。

イタリア政府はすでに全土で、移動制限を実施している。

一方、欧州では少なくとも10カ国が国境を封鎖する方針。その内容の一部は次の通り――。

  • デンマーク:14日から外国からの短期入国者の入国を禁止
  • チェコ:在留許可のある人を除き全ての外国人の入国を禁止。ほとんどのチェコ人は出国禁止
  • スロヴァキア:在留許可のある人を除き全ての外国人の入国を禁止
  • オーストリア:全ての外国人に対してイタリアとの国境検問所3カ所を封鎖(4日以内に発行された診断書を持つ人は除外)。オーストリア国民には規制なし
  • ウクライナ: 外交官を除く全外国人に対して2週間、国境を封鎖
  • ハンガリー: オーストリアおよびスロヴェニアとの国境を封鎖
  • ポーランド: 16日より外国からの短期入国者に対して国境を封鎖

加えて、ベルギー、フランス、スイス、ドイツの一部でも学校の休校が始まった。

大規模な集会の禁止も各地で相次ぎ、劇場や飲食店も規制の対象になりつつある。

欧州の5大プロサッカーリーグでこれまで唯一、試合を続けていたドイツのブンデスリーガも17日から、上位2リーグの試合を中止する。

パリのルーヴル美術館とエッフェル塔は13日から休業が始まった。


欧州以外での動き

ドナルド・トランプ米大統領は13日、新型コロナウイルスの感染拡大への取り組みを強化するため、国家非常事態を宣言した。この後、野党・民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は、医療保険に未加入の人も無料で検査を受けられるようにするなどの包括支援策でホワイトハウスと合意したと発表した。

この発表を受けて、ニューヨーク株式市場ではダウ平均など主要指標が急上昇。ダウ工業株30種は、過去最大の上げ幅となる前日比1985ドル(9.4%)高、2万3185.62ドルで取引を終えた。

一方で、トランプ氏は、新型ウイルスの感染が確認された人物の近くに最近いたことが発覚しているものの、症状がないため自主隔離は必要ないと述べた。ウイルス検査は受けないのかと記者に問いただされると、「そのうち受ける」とだけ答えた。

カナダでは13日、ジャスティン・トルドー首相の妻ソフィーさんの感染が確認され、トルドー首相は2週間にわたり自主隔離すると発表した。

カナダ議会は審議の中断を決定。保健当局は不要不急の海外旅行を控えるよう呼びかけた。

オーストラリアでは13日、ピータ・ダットン内相の感染が確認され、内相は入院した。ダットン氏は先週、訪米した際にトランプ大統領の長女イヴァンカさんやウィリアム・バー米司法長官と会っていた。

イランでは同日、85人の死亡を発表。24時間での死者数は過去最多で、計514人になったものの、実際の数ははるかに多いと懸念されている。

アフリカではケニア、エチオピア、スーダンで初の感染者が確認された。スーダンでは1人が死亡し、東アフリカ初の死者となった。


<解説> 欧州では中国よりひどい事態になり得る――ジェイムズ・ギャラガーBBC健康・科学担当編集委員

欧州で日ごとに報告される感染者数は、中国のピーク時を超えた。

しかし、欧州は中国より悪い状態にある。

中国ではほとんどの感染が一箇所に集中していた。湖北省の、しかも武漢というひとつの都市に集中していた。

そして、強権的な独裁政権が人類史上最大規模の隔離措置を断行することで、対応した。

欧州の場合、局地的なホットスポットもあることはあるが、大陸全土に感染は広がり、対応は国によってかなり異なる。

さらに、すべては確認された症例をもとにした数字だが、むしろ確認する手段をもたない国々で気づかれないまま大規模な集団感染が進行しているのではないかと、多くの専門家が懸念している。


予防について知る

感染症について知る

在宅勤務・隔離生活について知る

(英語記事 Coronavirus: Europe now epicentre of the pandemic, says WHO