松竹伸幸(ジャーナリスト、編集者)

 大学生になって間もない1974年、私はコミュニストになった。当時の大学は、生協の書籍部に入れば、最も目立つところにカール・マルクスの『資本論』が山のように積まれていたものだ。だからコミュニストでなくても、友達同士でマルクスとフリードリヒ・エンゲルスの『共産党宣言』の輪読会をするような雰囲気に包まれていた。

 一家4人が6畳一間で暮らすような貧しい家庭に育った。貧しさから解放されて親に楽をさせてあげたい、そのために商社か銀行に勤めたいということが、大学(一橋大)を選んだ最大の動機だった。

 だが、共産主義の思想を勉強して感じ取ったのは、自分一人が解放される道を選ぶのではなく、貧しさにあえいでいる多くの人々をともに解放することが大事であり、そのためには共産主義を目指すべきだということだったのだ。

 とはいっても、目の前の共産主義国家の体たらくは、目を覆いたくなる惨状である。当時、中国に存在感はなかったが、ソ連はその後もずっと続く一党独裁の国で、1974年に小説『収容所群島』で強制収容所の実態を暴いたノーベル賞作家のソルジェニーツィンを国外追放するなど、世界中からひんしゅくを買っていた。さらに、79年にはアフガニスタンに侵略し、世界の平和を脅かす存在でもあった。

 政治体制がダメなのは常識でも、経済が少しは良かったのかといえば、そのようなこともない。忘れられない話が、共産党指導下の青年組織である民主青年同盟の国際部長を勤めた時期(80年以降)にある。「発達した社会主義国」を標榜(ひょうぼう)するソ連の共産主義青年同盟(コムソモール)の代表がやってくると、「全般的危機」にあるはずの資本主義国のわれわれに対し、「シェーバーをプレゼントしてほしい」とおねだりするのである。

 そこで日本製を渡そうとすると、「いや、ひげが濃いので、ブラウンでなければ」とごねる。社会主義国の指導的立場にある人でも、自国の体制が優位にあるなど少しも思っていないどころか、外に向かってそれを隠そうとさえしなかったわけだ。それでも、「そもそもの出発点が低かったのだから仕方がない」と思い、貧しいなりに社会主義らしく平等を重視したり、人間を大切にしているところを評価しようとしたりして、私なりに努力してみた。

 例えば、妊娠した女性に対する産休や育児休暇の保障などに関して、ソ連は世界でも高い水準にあり、「男女平等の分野では優位なところがある」と宣伝したこともある。確かに、統計の数字上ではそういうことも言えた。しかし、のちに国際労働機関(ILO)の報告などで明らかになったのは、ソ連ではそうやって女性に特化して権利を保障することによって、女性だけが育児や家事に縛り付けられる「不平等社会」が築かれていたということだ。

 マルクス主義を知っている人にしか通用しない言葉ではなく、現代の国際政治でも通じる概念に置き換えて言えば、マルクスが唱えた「共産主義」というのは、政治的権利といった国民の自由権も、生存権などの社会権も、等しく高いレベルで保障されている社会のはずであった。ところが、現実の社会主義はそれとは真逆の存在だったわけである。

 「もしも」の話になるけれど、自分がソ連や中国、北朝鮮で生まれていたとしたら、そしてコミュニストとしての素養を積んでいたら、その国の体制を容認できるかが問われていた。私は、自分が学んできたコミュニズムの思想と照らして、目の前の体制が社会主義だとは少しも思わないだろうし、その体制を打倒しなければならないと決意するだろうと考えた。

 最近、ベルリンの壁崩壊前夜の東ドイツの姿を描いた須賀しのぶの小説『革命前夜』を読み、共産主義体制を倒した後に資本主義でもない新たな体制を望む人々がいたことを知った。ただ、その体制がどんなものかを提起できない状況では、倒れた先に資本主義しか待っていなかったことは歴史の必然だったと考える。
1989年11月9日、東西ドイツの国境開放後にベルリン・ブランデンブルク門前の「ベルリンの壁」の上に立つ人々(DPA提供・AP=共同)
1989年11月9日、東西ドイツの国境開放後にベルリン・ブランデンブルク門前の「ベルリンの壁」の上に立つ人々(DPA提供・AP=共同)
 それでもなお、私はコミュニストであり続けた。なぜなのか。それは何よりも、日本のコミュニストの代表格である日本共産党がソ連の独裁体制や覇権主義と公然と闘っていたからだ。