1948年の世界人権宣言以来の努力によって、組織的で広範囲な人権侵害は「国際問題」とされ、外部からの批判は内政干渉に当たらないという慣行がつくられてきた。裏を返せば、ソルジェニーツィン一人だけの人権侵害のような場合は国際問題とはみなされないことになる。

 日本の共産党は、そうした国際慣行にもかかわらず、「ソルジェニーツィンへの迫害は国際問題だ」としてソ連共産党を厳しく批判してきた。アフガニスタンへの軍事介入や核軍拡路線にも公然と異を唱えてきた。人権侵害も覇権主義も「社会主義の原則に反する」という立場からだ。

 当時、私も民青同盟の代表として国際会議などに参加し、ソ連批判を展開することがあったが、相手からどんな反撃があっても屈服してはならないという日本共産党の指導を忠実に守り抜いたものである。

 ソ連が崩壊したとき、日本共産党が直ちに「諸手を挙げて歓迎する」という談話を出すことができたのは、そういう過去の実績があったからだ。「ソ連は社会主義ではなかった」という大胆な認定も行った。当時、私は金子満広書記局長(故人)の秘書をやっていたが、後援会の旅行で祝杯をあげ、「ソ連崩壊で万歳をしている共産党は世界の中で日本共産党だけだろう」という金子氏のあいさつを聞いたことを鮮明に覚えている。

 ソ連崩壊の直前、少しずつ存在感を増してきた中国で、1989年、あの天安門事件が起きた。これについても日本共産党は厳しく批判し、中国共産党のことを「鉄砲政権党」などと揶揄(やゆ)したりもした。

 ちょうど、東京都議会議員選挙が戦われている最中であり、私は八王子選挙区に派遣されていたが、「どのように中国を批判すれば効果的か」夜を徹して仲間と語り合い、宣伝チラシをつくったものである。何カ月かして、欧米が経済制裁を続行している中で、日本政府がいち早くそこから脱落したが、その弱腰ぶりを厳しく追及したのも日本共産党であった。

 その当時、60年代に起こった中国共産党による日本共産党への内部干渉の影響で、両党の関係は断切していた。その後、両党関係が正常化したことで、もう中国を批判することはできないだろうという観測も流れた。

 しかし、日本共産党は、関係回復したからといって重大な人権侵害を許すわけにはいかないと、天安門事件10年になる1999年には批判論文を出すほどであった。

 日本で共産主義の「体制」ができるときは、既存の社会主義国とは別のものになる。日本共産党の批判の鋭さは、そう思わせるに十分であった。

 けれども、詳細は書かないが、21世紀になるのを前後して、共産党は中国の人権問題を批判しなくなる。天安門事件20年にあたる2009年では、10年前とは異なり、『しんぶん赤旗』に1行の批判も論評も掲載されなかった。

1989年6月、北京の天安門広場に近い長安街で、戦車の前に立ちはだかる男性(左下、ロイター=共同)
1989年6月、北京の天安門広場に近い長安街で、
戦車の前に立ちはだかる男性(左下、ロイター=共同)
 ソ連のことは「社会主義でなかった」と言い続けながら、中国については「社会主義をめざす国」と肯定的に認定し、積極的に交流を進める。06年に成立した北朝鮮人権法に対しては、北朝鮮の人権問題は国内問題だとして反対することになる。

 ソルジェニーツィン一人だけへの人権侵害を「国際問題」として批判していた当時とは様変わりしてしまった。こうしてその直後、根本的な理由は別にあるのだが、共産党の政策委員会に勤務していた私は、小池晃政策委員長に退職を申し出、受理されることになった。