2020年03月17日 14:15 公開

欧州各国が新型コロナウイルスの感染拡大の押さえ込みに努めるなか、ドイツとフランスは他人との接触を減らすため移動を制限する厳格な措置を新たに実施した。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は16日夜にテレビ演説をし、「我々は保健戦争の真っ只中にある」と強調。国民に対し、必要なとき以外は外出しないよう命じた。イタリアやスペインで実施されている措置に近づいた。

マクロン氏は、欧州連合(EU)の域外からの入国を17日から禁止する考えも表明した。

ドイツでは、食料品店を除くほとんどの商店が営業停止を命じられた。

アンゲラ・メルケル首相は、宗教の礼拝も禁止すると発表。国内外への休暇旅行を中止するよう国民に求めた。ドイツではすでに学校が閉鎖されている。

<関連記事>

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、強制的な制限措置は実施していない。しかし国民に、パブやクラブに行くこと、不必要な旅行、他人との接触を避けるよう求めている。

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は記者会見で、各国政府のパンデミック(世界的流行)への取り組みは不十分だと指摘。

「目隠しをしていては火を消せないし、誰が感染しているのかわからなければこのパンデミックは止められない」、「全ての国にただ伝えたい。検査、検査、検査だ」と述べ、検査態勢を増強するよう強く求めた。

米ジョンズ・ホプキンス大学の計測によると、新型ウイルスの感染者は世界で17万4000人を超え、死者は6700人以上となっている。

フランスでは

マクロン大統領は約20分間のテレビ演説で、学校の休校や、カフェや生活に必要不可欠ではない商店の閉鎖など、これまでの措置は効果が不十分だったと説明。

「医療関係者が状況の深刻さを警告しても、人々は公園や混雑した市場、レストラン、バーなど閉鎖の指示を尊重しない場所に集まっていた」と指摘した。

そして、少なくとも15日間にわたって外出を制限すると述べ、従わない場合は罰するとした。政府はのちに、外出制限を徹底するため、警察官10万人以上を全国に配置する方針を明らかにした。

マクロン氏はまた、患者の病院への移動には軍が当たる予定だと発表。今週末に予定されていた統一地方選の2回目の投票は延期するとした。

さらに、「フランス企業は、規模に関係なく全て、倒産のリスクに直面することはない」と述べ、事業者を励ました。

フランスの新型ウイルスの感染者は6000人を超え、死者は148人となっている。保健当局トップのジェローム・サロモン氏は16日、今回の流行について、「深く憂慮している」、「急速に悪化している」と述べた。

マクロン氏は、EUが域外から域内への移動を制限し、シェンゲン協定加盟国間でも入国制限が実施されるのに合わせ、フランスも17日昼から国境を閉鎖するとした。

欧州委員会は16日、EU域外から域内への不必要な移動を30日間制限する案を発表した。長期居住者やEU加盟国民の家族、外交官、保健衛生関係者、輸送業者などは除外される。

ドイツでは

メルケル首相は、クラブやバー、レジャー施設、動物園、遊び場などを閉鎖すると発表。レストランにはテーブル間に一定の距離を置くことと営業時間の制限を義務付けた。

ベルリンで記者会見したメルケル氏は、「みんながルールを守るほど、この局面を早く切り抜けられる」とし、政府は新型ウイルス流行の経済への影響を最小限に食い止めると述べた。

ドイツの新型ウイルスの感染者は7000人近くに上り、死者は14人になっている。すでに大規模な集会は禁止されている。

国境を接するフランス、オーストリア、スイス、ルクセンブルクとの往来は、物資と通勤者だけに制限されている。オランダとベルギーとの行き来は規制されていない。

ハイコ・マース外相は、ドイツのバイオテクノロジー企業が開発した、新型ウイルスに効果がある可能性があるワクチンについて、ドナルド・トランプ米大統領が独占的に購入したい意向を示したとの報道に言及。「よその人たちが独占するのは認めない」と述べた。

他の欧州の国々では

スペインは16日深夜に入国制限を開始する。同国の国民と居住者、特定の人々のみ入国が可能になる。

スペイン政府は14日、15日間にわたる非常事態の一環として、国民4700万人に部分的な移動制限を実施した。生活必需品や薬品の買い物、通勤を除いて、自宅からの外出を禁じている。

新型ウイルスが発生した中国以外で感染者が最も多いイタリアでは、感染者は2万人、死者も2000人をそれぞれ超えている。

ジュゼッペ・コンテ首相は地元紙コリエーレ・デッラ・セラに、新型ウイルスによるダメージは「深刻で広範囲だ」とし、「新型コロナウイルスの後は、以前と同じものはない。通商や自由市場のルールを書き変える必要がある」と述べた。

  • ギリシャは全ての商店とバー、薬局、ガソリンスタンドを閉鎖。入国者全員を14日間隔離する
  • チェコ当局は東部3地域を閉鎖した
  • ポーランドは航空便の国際線に続き国内線も運休。鉄道の国際路線も運休にしている
  • ジョージアは外国人の入国を全面的に禁止した
  • セルビアは非常事態を宣言した
  • ウクライナの首都キーウ(キエフ)はレストラン、カフェ、バーを17日から閉鎖。他の街への移動を制限した
  • ポーランド、チェコ、デンマークはすでに国境を閉鎖しており、厳しい規制を導入している

欧州以外の国々では

アメリカではトランプ大統領が、同国は「非常に感染力のある」「目に見えない敵」に直面していると表明。10人を超える集まりやレストランでの食事を今後15日間控えるよう国民に呼びかけた。

世界で3番目に感染者が多いイランでは16日、新たに129人の死者が確認された。1日の死者としては過去最多となった。保健省の報道官は、県外への移動は避けるよう国民に強く求めた。

イランに次いで4番目に感染者が多い韓国は、新たな感染者数が減少した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、新型ウイルスの克服への自信を深めていると述べた。

アフリカでは感染者数が急増している。感染者が確認された26カ国では厳しい措置が取られており、学校や国境を閉鎖した国もある。

新型ウイルスの感染者と死者の人数は、中国国内より国外のほうが多くなった。中国国外の感染者は8万7000人超で、中国国内では8万人強となっている。


予防について知る

感染症について知る

在宅勤務・隔離生活について知る

(英語記事 Europe expands lockdown in battle against virus