2020年03月19日 11:52 公開

イタリアは18日、新型コロナウイルスによる死者が前日から475人増え、2978人に達したと発表した。1日あたりの死者数としては、アウトブレイク(大流行)が始まって以降で最多。

イタリアではこれまでに3万5713人の感染が確認されている。その内、4000人以上が順調に回復した。

イタリアで新型ウイルスの影響を最も受けているロンバルディア州では、1日で319人が死亡した。イタリアでの症例数は、新型ウイルスが発生した中国の外では最多。

多くの国が、新型ウイルスの感染拡大のスピードを遅らせ、医療制度への負担を軽減するため、他人との距離を置いたり、大規模イベントを中止するなどの抜本的措置を講じている。

「それでも、地域的な流行を鎮圧し抑制するには、各国が隔離措置やウイルス検査、感染者の治療や感染経路の追跡を行わなければならない」と、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は18日に述べた。

<関連記事>

世界の死者数は少なくとも8700人以上。そのほとんどは中国国内で確認されている。

WHOによると、全世界で20万人以上の感染が確認されており、その8割は欧州地域や、アシアの大部分を含む西太平洋地域だという。


イタリアでは新型ウイルスの拡大阻止のため、2週間近くにわたり封鎖措置が取られている。住民は屋内待機を要請されているが、国内の死者は増え続けている。

こうした現状について、WHOの健康危機担当マイケル・ライアン氏は、北イタリアでは一度に「とんでもない」人数が集中治療を必要としていることや、総人口に占める高齢者の割合が高いことが、事態悪化の要因だろうと指摘した。

テドロス事務局長はツイッターで、新型ウイルスのワクチンの初めての試験がこれほど早期に開始されたことについて、「信じられないほどの成果」だと歓迎した。

新型ウイルスのワクチンの臨床試験は、米ワシントン州シアトルのカイザー・パーマネント研究施設で16日に始まった。しかし複数専門家は、ワクチンに効果があるかが明らかになるまでには何カ月もかかると警告している。

欧州諸国の状況は

スペインでは598人が死亡し、1万3716人が感染した。首都マドリードでは数十人が新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」を発症。少なくとも17人の入居者が死亡した市内の介護施設について、当局が調査に着手する予定。

フランスでは17日、感染者数が16%増え7730人に、死者数は175人に達した。死者の7%は65歳未満。

イギリスの死者数は104人に達した。

ドイツでは12人が死亡、8198人が感染している。アンゲラ・メルケル首相はテレビ演説で、パンデミック対策の行動制限を順守するよう国民に求めた。「ドイツ統一以降、実際のところ第2次世界大戦以降、この国にとって連帯行動がこれほど重要な事態はかつてなかった」と述べた。

ベルギーでは14人が死亡、1486人が感染している。

欧州国境で何が起きているのか

欧州連合(EU)加盟27カ国の首脳は17日、ビデオ会議を開き、EU域外からの入域を30日間禁止することで合意した。これを受け、EU域外からの渡航者が空港や国境から追い出されている。

この措置では、アイルランドを除くEU加盟26カ国と、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスへの外国人の入国を禁止する。イギリス国民は制限の対象にはならない。また、通勤のために国境を越える必要がある人などにも適用されない。

EU加盟国首脳は、過去数日間に封鎖されたEU域内の各国国境について、解除すべきだという認識で一致した。

措置が適用されるすべての国の市民については、帰国できるよう支援が行われるという。ドイツは、モロッコやエジプトからフィリピンやアルゼンチンに至るまで、外国に取り残されている数万人の市民について、空路で帰国できるよう対応を続けるとしている。


予防について知る

感染症について知る

在宅勤務・隔離生活について知る

(英語記事 Italy virus deaths rise by record 475 in a day