2020年03月19日 13:45 公開

韓国や中国、シンガポールなどアジア各国で、新型コロナウイルスの感染が再び増加している。外国で感染した人の入国が原因という。

新型ウイルスが発生した中国では18日、感染者数を記録した始めた1月以降で初めて、国内での新たな感染者がゼロ人となった。一方、中国に最近帰国した人では、新たに34人が感染していることが確認された。


中国ではこの日新たに18人の死者が出たが、全員が湖北省出身で、大半が武漢市民だった。韓国では新たに152人の感染が確認されたが、そのうち帰国者が何人かは明らかになっていない。感染の中心となったのは大邱の介護施設で、入所者74人からウイルスが検出された。

シンガポールでは、47人の新たな感染者のうち33人が輸入されたものだった。うち30人はシンガポール国民で、外国で感染した後に帰国していた。

この3カ国ではこのところ、感染拡大の抑制に成功していたが、他国での感染増によってこの努力が損なわれる可能性が出ている。

米ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによると、世界全体の感染者は21万800人以上、死者は8800人以上だという。一方で、回復した人は8万4000人以上。


(グラフは中国以外で感染が広がる様子。感染者が最も多い国や場所の順番が日を追うごとに入れ替わる)


現在、欧州とアメリカが感染拡大の中心となっているものの、数字からはアジア各地でもなおアウトブレイク(大流行)が続いている状況がうかがえる。マレーシアやスリランカ、フィリピンなどでは、入国制限を強化している。

マレーシアでは保健当局が人々に「家にとどまり、自分と家族を守ってほしい」と訴えた。

同国では現在、710人の感染を確認している。多くは、2月に首都クアラルンプールで行われた宗教行事に参加した人だという。

タイ政府は18日、感染者が新しく35人確認され、計212人になったと発表した。

インドネシア政府もこの日、過去最多の55人の感染を発表。感染者は計227人になった。19人が死亡している。

パキスタンの感染者は計245人に達した。インドやパキスタンなどインド半島での感染者は計500人未満ながら、急増すれば現地の医療機関が対応しきれずパンクする危険が懸念されている。

ミャンマーやラオスは感染者が出たとしていないが、多くの専門家がこの情報の信ぴょう性を疑っている。

<関連記事>

社会的距離を

世界保健機関(WHO)は南東アジア地域全体に対して、「積極的な対応」が必要だと表明した。WHOが南東アジア地域と区切る11カ国には、インドネシア、スリランカ、タイ、バングラデシュ、北朝鮮も含まれる。

WHO南東アジア地域事務局長のプーナム・ケトラパル・シン氏は17日、「ウイルス感染のクラスター(集団)が各地で確認されている」と指摘し、東南アジア地域では明らかに一部の国が新型ウイルスによる感染症(COVID-19)の「地域感染へと向かっている」と警告した。

WHOはウイルス感染の「検知、検査、治療、隔離、接触者の追跡」を引き続き徹底するよう呼びかけている。

シン医師は、他人との不要な接触を避ける「社会距離戦略」の実践の重要性を強調。「これだけでも感染をかなり減らすことができる」と述べ、「ただちに行動しなくては」と呼びかけた。

WHOが南東アジアと呼ぶ地域では、各国の感染防止対策がなかなか進ます、感染者が増え続けるなかで今月に入ってようやく、厳しい入国制限や行動制限など強い施策が実施されるようになった。


<分析>ローラ・ビッカー、ソウル特派員

韓国はこれまで感染者の追跡や検査範囲の拡大、迅速な隔離などで、この流行への対応を称賛されてきた。

3月初めに1日当たりの感染者数がピークに達して以降、その数は減り続けていた。18日に増加に転じるまでの4日間は、毎日2桁台におさまっていた。

保健当局は、慢心している余地はないと警告し、教会や介護施設、インターネットカフェ、カラオケといった場所を避けるよう呼びかけた。

フェンシング韓国代表チームは、ハンガリーでの競技から帰国したあと、選手の3人が新型ウイルスに感染していたことが分かったと発表。選手とコーチ全員が検査を受けている。


予防について知る

感染症について知る

在宅勤務・隔離生活について知る

(英語記事 Coronavirus: Asian nations face virus battle amid WHO warning