2020年03月27日 13:45 公開

新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)が流行する中、イギリスでは26日夜、「Clap for Carers (医療・介護従事者に拍手を)」というキャンペーンが行われた。感染対策の最前線で働く人たちに感謝するために有志が企画したもので、王族やボリス・ジョンソン首相も参加した。

イギリスでは現在、流行拡大を抑えるために外出が厳しく制限されている。26日には午後8時になると、全国のバルコニーや窓がから一斉に拍手や口笛が鳴り響いた。

国民医療制度「国民保健サービス(NHS)」はソーシャルメディアで、全国からの励ましに「感激した」と述べている。

https://twitter.com/NHSuk/status/1243275241142566912


エリザベス女王はインスタグラムに、COVID-19に立ち向かっている人々に「非常に感謝している」と投稿。イギリス全土が「科学者や医療従事者、救急サービス職員の皆さんの尽力」に感謝していると述べた。

ウイリアム王子の居宅ケンジントン宮殿は、「COVID-19の感染者のために、身を粉にして働いている全ての医師、看護師、介護士、かかりつけ医、薬剤師、ボランティアの皆さん、そしてNHSの職員に」と、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子が拍手する動画をツイッターに投稿した。

https://twitter.com/KensingtonRoyal/status/1243266490364813319


王室ではこれまでに、チャールズ皇太子が新型ウイルスに感染していることが判明。スコットランドのバルモラル城で隔離生活を送っている。

ジョンソン首相は首相官邸前でリシ・スーナク財務相と共に拍手を送った

最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首も参加し、「NHSを守り、助けるためにも、みんなが自宅にとどまらなくてはならない」とツイートした。

<関連記事>

ソーシャルメディアの呼びかけで

このキャンペーンはインターネット上の呼びかけから始まったもので、「この前例のない時にこそ、医療従事者などに感謝を伝えるため」ことが目的。

イギリス全土で窓や玄関を開けた人々が一斉に拍手し、感謝を表現した。




このキャンペーンには著名人も参加した。

新型ウイルスの流行により新作の公開が延期になった映画「007」の公式ツイッターは、主演のダニエル・クレイグ氏と妻レイチェル・ワイス氏、共演のローリー・キニア氏、ベン・ウィショー氏、ナオミ・ハリス氏ガ次々と拍手する動画を投稿。

「みんなの安全を確保してくれている、あらゆる場所のあらゆる人に感謝しています」と、アカウントはコメントした。

https://twitter.com/007/status/1243266472182312960?s=20


映画「スターウォーズ フォースの覚醒」などに出演したジョン・ボイエガ氏は、隣人が「NHSのために拍手したり叫んでいる」のは「美しい光景だった」と語った。

また、ロンドンの救急サービスからも、中心部ケンジントンに救急車で向かっていた職員が、「素晴らしく感激する光景に出会った」「救急車の中からでも歓声と拍手が聞こえた!」と動画を投稿した。

https://twitter.com/Ldn_Ambulance/status/1243286785834303494


ロンドンでは、観覧車「ロンドン・アイ」やウェンブリー・スタジアム、シャードといった観光スポットがNHSを表す青色に点灯されたほか、ピカデリー・サーカスの巨大街頭ビジョンにも感謝のメッセージが表示された。



政府は個人事業主向けの支援を発表

イギリス政府はこの日、個人事業主に平均月収の8割を助成する支援策を発表した。給付は早くとも6月になるものの、月額最大2500ポンド(約33万3000円)が一括で支払われる。

対象となるのは年収5万ポンド以下の個人事業主。収入の半分が個人事業によるもので、かつ昨年度の確定申告を今年1月に終わらせていることが条件となる。

ただし今回は、申告していない人も、向こう4週間の猶予が与えられた。

この支援の対象者はイギリス全土で380万人に上るとみられている。

被雇用者に対し給与の8割を保障する政策は、すでに先週発表されている。

その他の新型コロナウイルス関連の動きは以下の通り。

  • イギリスのスーパーマーケットは、政府提供のデータベースを元に、感染リスクの高い高齢者など150万人に対し、優先的に配達する
  • ロンドンの研究チームによると、各国政府が迅速に対策を行えば、全世界で3000万人以上の命が助かるという
  • アマゾンやマイクロソフトといったテクノロジー大手は、NHSの相談電話データを使い、人工呼吸器やベッド、医療従事者がどこで必要とされているかを予測するシステムを開発する

(英語記事 'Emotional' tribute paid to NHS and care workers