2020年03月28日 12:53 公開

イタリアでは27日、新型コロナウイルスによる1日の死者が919人となり、新型ウイルスによる感染症(COVID-19)が流行し始めてから最多を記録した。

同国ではこれまでに9134人がCOVID-19で亡くなっている。

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は先に、感染予防用品が「世界中で慢性的に不足」しており、人命救助の「喫緊の脅威」となっていると述べた。

イタリアは欧州で最もCOVID-19の影響が大きい。あらゆるビジネスが休業しており、人々は家にとどまるよう指示されている。

当局は27日、こうした制限が4月3日以降も続く可能性があると述べた。


死者は、特に感染者の多い北部ロンバルディア州で急増した。26日には1日当たりの死者数が減っていたことから、ピークを過ぎたのではないかという希望が見えていた。

イタリア全土では27日、新たに5959人の感染が確認され、前日よりもわずかに増加率が下がった。全体ではこれまでに8万6500人近くが感染している。

<関連記事>

また、貧困層の多い南部でも感染者が増えていることも懸念のひとつとなっている。

ナポリのある南西部カンパニア州のヴィンチェンツォ・デ・ルカ知事は、中央政府から約束された人工呼吸器などの人命救助機器が届いていないと述べた。

「今はロンバルディアの悲劇が南部の悲劇になろうとしている、まさにその瀬戸際だ」と同知事は警告した。

ジュゼッペ・コンテ首相はこの日、欧州全域が深刻なリセッション(マイナス成長が2四半期続く状態、景気後退)に陥るだろうと述べた。その上で、経済刺激策の第2弾として、少なくとも250億ユーロ(約3兆円)を投じると約束した。


欧州各国の状況は?

イギリスでは、ボリス・ジョンソン首相が新型ウイルスの検査で陽性だったと発表した。西側諸国の国家元首で感染が認められたのは初めて。ジョンソン首相は、症状は「軽症」で、ロンドン・ダウニング街の首相官邸で自主隔離する方針だと述べた。

また、マット・ハンコック保健相も感染が判明したほか、新型ウイルス対策を主導しているイングランド主任医務官のクリス・ウィッティー教授にも、症状がみられるという。

欧州で2番目に影響を受けているスペインでも死者が急増しているが、当局によれば、新たな感染者の増加率は安定してきている。27日の増加率は14%と、前日(18%)と前々日(20%)を下回った。全体での感染者数は6万4000人を超えている。

一方、この日の死者は769人と、1日当たりの人数では最多を記録。全体で4858人となった。スペイン政府は非常事態宣言を4月12日まで延長しており、外出禁止や店舗の休業が続いている。


フランスでは27日の24時間で、新型ウイルスによって299人が亡くなったと報告された。これは前日よりも少ない数字だ。

同国では全体で3万3000人近くの感染が確認されており、死者は1995人に上っている。

エドゥアール・フィリップ首相は、2週間を予定していた外出禁止を延長し、少なくとも4月15日にまでは自宅にとどまるよう人々に呼びかけた。

その他の地域は?

アメリカでは27日、感染が確認された人の数が10万人を超え、世界で最も感染者の多い国となった。死者は約1300人に上っている。

ドナルド・トランプ大統領は26日、各州の知事あてに文書を送り、社会的距離戦略のガイドラインを発表する計画だと伝えた。一部地域での規制緩和を勧める内容となる可能性もあるという。

アメリカの感染の中心となっているのはニューヨーク市だが、ニューオーリンズやシカゴ、デトロイトなどでも感染が拡大している兆候がみられている。

新型ウイルスの発生元である中国は26日、全ての外国人の渡航者の入国を28日から一時的に禁止すると発表した。ビザ(査証)や居留許可を持っている人も含まれる。

同国ではこれまでに8万1340人が感染し、3292人が亡くなっているが、最近確認された新たな感染者は、ほぼ全員が海外からの渡航者となっている。

ジョンズ・ホプキンス大学の統計によると、世界全体ではこれまでに54万人以上が新型ウイルスに感染し、2万4000人以上が亡くなっている。一方、約12万4000人が回復した。


予防について

感染拡大の防ぎ方について

(英語記事 More than 900 virus deaths in a day in Italy