2020年03月31日 12:56 公開

ミシェル・ロバーツ保健編集長、BBCニュースオンライン

新型コロナウイルスの流行を受け、イギリスでは国民保健サービス(NHS)の負担を減らすために人々が自宅にとどまっているが、その効果が見え始めているという。

政府の首席科学顧問を務めるサー・パトリック・ヴァランスは、30日の記者会見で、他人と距離を取る戦略が「変化をもたらしている」と語った。

地域社会での新型ウイルスの伝染が減り、感染も少なくなっているという。また、病院で治療を受ける人の数も、当初の予測ほど急増していない。

現在、イングランドで病院に入院している人は9000人と、27日の6000人から増加している。これは全土の病床の10分の1が埋まっている状態だ。

イギリスにおける新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)での死者は1408人に上った。

サー・パトリックは、NHSでは1日当たり1000人ずつ患者が増えているが、この増加は「安定」していると述べた。

「患者数は急増ではなく、一定数ずつ増えている。つまり、すでにいくらかは効果が出始めているといえる」

1日当たりの死者数は2日連続で減少しているが、サー・パトリックは日々の増減に「注目しすぎる」ことに警鐘を鳴らしており、「長期的に何が起きているかを見極める必要がある」と述べた。

<関連記事>

1日当たり1000人ずつ患者が増えていることについてサー・パトリックは、「この数値は今後も継続するとみている。毎日病院に来る人は大体それくらいで、もう少し増えるかもしれない」との見解を示した。

「2~3週間のうちに安定し、その後は少し減るだろう」

また、数字の面からはイギリスではCOVID-19の患者は「急速には増加」していないものの、他人と距離を取る対策の効果が現れるには「間」があるため、向こう数週間は「悪化する可能性」もあると警告した。

その上で、この対策がどれくらいの期間必要なのかを見極めるには「時期尚早だ」と話した。

その代わり、病院で治療を受ける人の数がNHSの対処能力を超えないようにすることに集中すべきだと述べた。

各地にナイチンゲール病院を設置

イギリスでは、新型ウイルスの大流行を受けて設置する野外病院を「NHSナイチンゲール病院」と命名。第1号はロンドンの大規模展示場「エクセル・センター」に設置され、4000~5000床が確保された。今週にも最初の患者を受け入れる予定だ。

また、バーミンガムやマンチェスター、グラスゴー、カーディフなどでも設置が決まっている。

一方、王立医学協会の推計によると、国内の医師の4人に1人がCOVID-19を発症、あるいは家族が発症したために休暇を取っている。

BBCのヒュー・ピム保健編集長は、「最前線にいる人たちと話すと、大きな圧力がかかっていることが分かる。人員確保も問題だ(中略)特にロンドンでは非常に、非常に難しくなっていると話していた。バーミンガムでも悪化していて、ある人は、通常病棟がCOVID-19病棟に変わっているようなものだと話していた」と述べた。

また、「新しい病院を建て、退職していた看護師や医師らを呼び戻しても、人数の確保は問題になるだろう」と話した。

「一丸となって危機を乗り切る」

COVID-19を発症し首相官邸で自主隔離を行っているボリス・ジョンソン首相は29日夜にツイッターに掲載した動画で、電車の利用率が95%、バスの利用率が75%減ったと発表。感染拡大を抑えるための政府の制限に人々が従っていると話した。

また、この大流行に対処するため、NHSの元職員2万人が復帰したことを明らかにし、「一丸となって」危機を乗り切ろうと述べた。

ジョンソン首相は隔離中も、ビデオ会議などを通じて新型ウイルス対策に当たっている。

首相官邸は30日、首相の上級顧問を務めるドミニク・カミングス氏にも感染の兆候が見られたため、自主隔離を行っていると発表した。

その他のイギリスの状況は以下の通り。

  • ドミニク・ラーブ外相は、国外で立ち往生しているイギリス国民の帰国策を発表。ブリティッシュ・エアウェイズ、ヴァージン・アトランティック航空、格安航空イージージェットなどが協力する。また、政府がチャーター機を用意する場合に備え、7500万ポンドを確保した
  • 英王室クラレンス・ハウスは、チャールズ皇太子(71)が自主隔離から解放されたと発表した。チャールズ皇太子は先週、新型ウイルスに感染したことが明らかになったが、現在の健康状態は良好だという
  • 医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは9月までに新型ウイルスのワクチンの臨床試験を始められるだろうと述べた
  • イージージェットとヴァージン・アトランティック航空の社員を対象に、NHSナイチンゲール病院での職務に当たる人を募集している。客室乗務員はすでに救急の訓練を受けているほか、セキュリティー上の認可も取れているため。当局によると、これまでに100人が前向きな考えを表明しているという
  • イギリスのインターネットプロバイダーが、パンデミック中の固定ブロードバンド回線の上限を撤廃することで合意した
  • 新型ウイルスに関する誤情報を削除するため、内閣の緊急対策チームとソーシャルメディア各社が協力している

(英語記事 UK coronavirus measures 'making a difference'