2020年04月02日 11:37 公開

オーストラリア西岸に停泊中のドイツのクルーズ船で新型コロナウイルスが流行し、豪当局が出港を命じたが、クルーズ船はこれを拒んでいる。地元メディアが伝えた。

クルーズ船「アルタニア」は現在、西オーストラリア州のフリーマントル港に停泊している。

オーストラリアの国境警備隊は、乗客の大半が下船し自宅へと戻ったため、出港するよう命じていた。

一方で、船内には乗組員を中心に450人ほどが残っている。

<関連記事>

地元メディアによると、アルタニアは当局に対し、さらに感染者が出ないかを見極めるため、2週間の停泊延長を申し入れたという。

船内では数十人が新型ウイルスに感染していたが、患者はオーストラリアの病院で手当てを受けており、うち7人が集中治療室に入った。

また、症状が悪化し船内から出られない乗客が12人、なお船に残っているという。

アルタニアの乗客への対応について議論が巻き起こっている。地元の住民からは、乗船していた感染者の治療によって、COVID-19にかかったオーストラリア人の病床が取られてしまっているとの声も上がっている。

西オーストラリア州のマーク・マクゴワン知事は、アルタニアにオーストラリアの水域から立ち退くよう、連邦政府から命令してほしいと訴えた。

「船内を除菌する必要があるなら、除菌してから航路に戻ればいい」

一方、クリスチャン・ポーター司法長官はラジオ番組に出演した際、アルタニアは出港命令の対象ではあるものの、当局には船内に残った乗客に対する「人道的な義務」があると述べた。

米ジョンズ・ホプキンズ大学の統計によると、オーストラリアの感染者数は4862人、死者は少なくとも20人となっている。

(英語記事 Cruise ship stand-off continues in Australia