2020年04月02日 12:26 公開

イムラン・クレシ、BBCヒンディー語

新型コロナウイルスに感染した93歳のインド人男性が回復し、数日以内に退院すると、入院先の医師が明らかにした。同国で新型ウイルス感染後に回復した人としては最高齢。

入院先の病院関係者によると、回復したのは、約1カ月前に新型ウイルス検査で陽性と診断された男性と妻(88)。

夫婦は南部ケララ州在住で、イタリアから帰国した娘と娘婿から新型ウイルスに感染した。

インドでは、1日時点で1238人が新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」を発症している。同国保健省によると、これまでに35人が死亡し、123人が回復した。

最高齢の回復に称賛の声

高齢夫婦の回復は同国で大きく報じられている。2人には加齢にともなう問題があったことから、医療関係者からは称賛の声が上がっている。

男性には高血圧と糖尿病の持病があった。これらの基礎疾患は多くの新型ウイルス感染者にとって致命的だと、世界中で証明されている。

治療にあたった医師はBBCに対し、男性の病状はすぐに悪化し、人工呼吸器を24時間つけなければならなかったと振り返った。その後、著しい回復を遂げたという。

夫婦の治療チームの1人、コッタヤム医科大学病院のRP・レンジン医師は、3週間前に入院した際、2人は非常に気難しく、いら立っていたと述べた。

2人の主な不満は、別々の集中治療室(ICU)に入って離れ離れになったことだった。しかし、最終的に病院スタッフが、互いが見えるようガラスで仕切られた2人部屋を見つけた。「2人は同部屋になって喜んでいた」という。

レンジン医師は、病院スタッフは2人のことが大好きになり、愛情を込めて「お母さん、お父さん」と呼んでいたと付け加えた。

娘夫婦は入国時にスクリーニングせず

夫婦に新型ウイルスをうつした娘と娘婿は、入国時のスクリーニングをすり抜けてたと大きく報じられ、「イタリアのカップル」として評判が悪い。

当局のチームが最終的に娘たちを追跡しなければならなくなったが、すでに複数の家族にうつっていたという。

(英語記事 Man, 93, becomes oldest Indian to beat coronavirus