2020年04月03日 13:07 公開

欧州連合(EU)の最高司法機関である欧州司法裁判所(ECJ)は2日、ポーランドとハンガリー、チェコの3カ国に対し、移民の受け入れについてEU法に違反したとの判決を言い渡した。イタリアとギリシアの負担を緩和するための合意に反し、移民の受け入れを拒否したとした。

EU首脳は2015年の移民危機の際、欧州への玄関口となっていたイタリアとギリシャのキャンプにすし詰め状態になっていた移民16万人を各国へ移動させることで合意した。

この合意は、悲惨なシリア内戦から欧州へ逃れてきた人たちを主に対象とし、EU加盟各国に人数を割り当てるというものだった。

しかし、チェコは割り当てられた2000人のうち2人しか受け入れず、ハンガリーとポーランドは1人も受け入れなかった。

ECJは今回、この3カ国が「それぞれの責務を全うしなかった」と結論付けた。

また、3カ国が主張していた、非EU移民が安全保障を脅かすという主張も退けた。

安全保障上の問題は特定の難民申請者に関わることであり、非EU移民というグループに適用されるものではないとしている。

欧州委員会はEU法を違反した国に、巨額の罰金を科すことができる。

(英語記事 EU court rules against three states over refugees