2020年04月08日 11:23 公開

新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)が始まった中国の湖北省武漢市で8日、2カ月半にわたった都市封鎖(ロックダウン)が解除された。

武漢市民が市外に出られるのは1月23日以来。所有するスマートフォンのアプリに緑色のコードが表示されている人は、公共交通機関を利用でき、市外にも移動できる。

医療品や日用品の製造に関わっている人は、仕事の再開が認められる。国内外のサプライチェーンに影響のある産業も再始動する。

市外に通じる高速鉄道や高速道路などの利用も再開された。航空会社も運航を始め、8日には約200便が1万人近くを市外へと運ぶ予定。

<関連記事>

一部の交通規制は継続される。学校も通知があるまで閉校が続けられる。

中国は7日、新型ウイルスによる死者が初めてゼロになったと発表。その後、武漢市の封鎖が解除された。

新たな感染者ゼロに

人口約1100万人の武漢市では、新型ウイルスの感染拡大対策のため、前例のない厳しい移動制限や商店の閉鎖などが命じられていた。

中国当局は、こうした措置が同国の感染率を低下させていると評価している。

武漢市は先月、新たな感染者が1週間出なかったと発表し、ショッピングモールの営業再開を認めた。感染者が少ない住宅地の一部住民には、2時間の外出を許可していた。


北京は新たな規制

中国の他の都市では厳しい制限が続いている。

6日に31人の新たな感染者が確認された北京では、市外から訪れた人に隔離と検査を義務付けるなど、新たな措置を導入した。

中国では、新型ウイルスの感染者は8万1740人に上り、死者は3300人を超えている。

国家衛生健康委員会は7日、新たに32人が死亡したと発表した。前日の39人より死者数は減った。

ただ、中国当局の発表の正確性を疑問視する声も上がっている。これを受け国営メディアは、同国の新型ウイルス対策と情報共有の詳細な時間的経過とするものを報じた。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 China allows people out of city first hit by virus