今は、水際作戦よりもウイルスの感染拡大を防ぐ封じ込め作戦の成否が鍵となる。防疫は、病気治療や公衆衛生の範囲を超えて、国家的危機管理の範疇である。このままでは、生活も経済も政治も「一時停止」しかねない。

 2001年の米同時多発テロでは、ニューヨークの世界貿易センター(WTC)ビルがハイジャック機2機の衝突で崩壊したが、ビルの地下にある駅は犠牲者を出さなかった。何かあったときには駅にいる人を避難させて無人にするというシンプルなマニュアルが早期に発動されたからである。想定外の事態に陥ったとき、人々をいかに安全な場所に避難させるかが危機管理の基本である。

 世の中では、想定を超える事象や自然の猛威に対し、われわれの文明はまだ不十分なものであるという認識のもと、危機管理という方法が発達した。危機管理では、「実社会では予測しづらい事故や事件が発生する」という謙虚な姿勢が前提にある。だから、それに備えるため、過去の失敗を教訓として蓄積するところから出発する。この原点に返ることが大切だと思う。

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜に入港したとき、かつて東京都副知事として危機管理を担当した私がイメージした感染対策は次の通りだ。まず、自衛隊が埠頭にテントを張り、そこを専門家や実務家の防疫拠点とする。

 そして、船内の乗客乗員を分類し、一定の人をテントに隔離したり、各地の隔離可能な施設や感染症対策病棟を有する病院に搬送するといったプロジェクトがスタートする。このような場合に対応するためのテントや防護服などの資材は、自衛隊や大規模自治体に相当程度の備蓄があったはずだ。

 マスクについても、国が買い上げてどこかに配布するという報道があったが、いまさら買い上げても、流通に支障が出るだけだ。自治体によっては、相当大量の備蓄があることも、一方では報じられている。
横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に横付けされたバス。防護服姿の人が見える=2020年2月22日
横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に横付けされたバス。防護服姿の人が見える=2020年2月22日
 国に備蓄がなかったとすれば、そもそもパンデミック(大規模感染)に対する危機感が欠如している。政府と関係者は100年以上前の日本の為政者に学ぶ必要がある。