2020年04月15日 21:25 公開

ミシェル・ロバーツ健康担当編集長、BBCニュースオンライン

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は、ほかの感染症の予防にまで影響を及ぼしている。ユニセフは14日、一部の予防接種計画が遅れており、はしかのアウトブレイク(大流行)が起きる恐れがあると発表した。

ユニセフによると、37カ国で約1億1700万人の子供たちが、はしかの予防接種を予定通り受けられないおそれがあるという。

欧州では、MMR(はしか、おたふくかぜ、風しん)の3種混合ワクチンの接種率が低い複数の国で、すでにいくつかの大流行が発生している。

かつて、はしかウイルスが撲滅されていたイギリスでは、命に関わるおそれのあるはしかの発症例が増加している。

はしかにかかると、咳や発疹、発熱などの症状が現れる。イギリスでは、幼い子供たちは無料でMMRの接種が受けられる。

イギリスでは、世界保健機関(WHO)が目標とする5歳児の95%が1回目の接種を受けているが、2回目の接種を受けている割合はわずか87.4%だ。

はしかは感染力が強いため、接種率がわずかに減っただけで大きい影響を及ぼす可能性がある。

WHOは、はしかのアウトブレイクが起きていない国については、一時的に予防接種計画を停止できるとしている。

また、すでにはしかのアウトブレイクが起きている国など、24の国は、新型コロナウイルスのパンデミックを理由に、すでに予防接種計画を遅らせる判断を下している。

その24カ国は、バングラデシュ、ブラジル、ボリビア、カンボジア、チャド、チリ、コロンビア、ジブチ、ドミニカ共和国、コンゴ民主共和国、エチオピア、ホンジュラス、カザフスタン、キルギスタン、レバノン、モルディヴ、メキシコ、ネパール、ナイジェリア、パラグアイ、ソマリア、南スーダン、ウクライナ、ウズベキスタン。

しかし、ユニセフによると、さらに多くの国が混乱に直面するおそれがあるという。

「新型コロナウイルスの感染拡大が原因で、予防接種を中止するという難しい選択がなされた場合、我々は各国の指導者に対し、ワクチン未接種の子供を追跡する取り組みを強化するよう求める。予防接種を再開できるようになったら、すぐに最も弱い立場の人々にはしかのワクチンを提供できるようにするためだ」

ユニセフのジョアンナ・レア報道官は、「定期的なワクチン・サービスの中断は、子供たちが致命的な病気にかかるリスクを増大させ、現在の国内の医療サービスへの負担を悪化させ、感染症の第2のパンデミックを引き起こす可能性がある」と付け加えた。

イギリスでは、定期的な予防接種の一貫として、子供たちへのMMRの接種を続けている。

英イングランド公衆衛生サービス(PHE)の免疫部門を統括するメアリー・ラムジー博士は、「国の予防接種計画は、肺炎や髄膜炎、百日ぜき、ジフテリア、はしかといった深刻で、時には命を脅かす病気の予防において、非常に効果を発揮している」と述べた。

「この状況の中で、これらの感染症の再発を防ぐために、可能な限り高い接種率を維持することが重要だ」

(英語記事 Measles resurgence fear amid coronavirus