長尾賢(ハドソン研究所研究員)

 新型コロナウイルスの感染が進むにつれて、日本でも緊急事態宣言が発令され、外出自粛要請が始まっている。

 すでにアメリカでは3月からニューヨークなどでいわゆる都市封鎖(ロックダウン)が始まり、私の住むワシントンDCでも職場の消毒と立ち入り禁止、公共交通機関使用禁止、外出禁止令など、状況が次々進展していった。感染患者も増え続け、すでにアメリカ全土では2万人以上が亡くなっている。

 しかし、同じ非常事態といっても、東京で経験するものと、アメリカのワシントンで経験するものとでは大きく違う。東京は通勤も可能であり、飲食店や理髪店も営業している。

 一方、ワシントンでは、政府関係者と医療関係者、インフラ業者など必要最小限の人を除いて、先にも触れたが、通勤は禁止、公共交通機関の利用も禁止、飲食店はテイクアウト(持ち帰り)ないしデリバリー(出前)のみで、理髪店でさえ営業禁止。だが、ビルの建設などの現場では工事を続けている。

 そして、東京とワシントンで日本人が直面する大きな違いの一つは、いわゆる「差別」の問題があるかどうか、である。

 今回の新型コロナウイルスは、中国の武漢で最初に確認された。ゆえに、中国系の人を見ると、アメリカでは「コロナ」と呼んで嫌がらせをする事例や、中国人のみならず、見た目が似ている北東アジア系から東南アジア系まで、つまり日本人に対しても、嫌がらせや、時に暴力の対象となったのである。

 ただ、私の実体験からすると、この「差別」の問題は、過剰にクローズアップされている側面もあるように感じている。そこで、私の「差別」と言えなくもない実体験を記しておこうと思う。それは、外出禁止令などが発令される直前の通勤時、発令後の運動時やスーパーマーケットでの買い物のときに起きたものである。このときは、めずらしく仕事仲間などとは一緒ではなく、1人で他の人々と接する機会があった。

 普段であれば、アメリカでは、あいさつのときに笑顔を浮かべ、敵意を示さないようにする。実際に、さまざまな国から来た多くの民族と接するため、相手が危険な人物ではないかどうか、常にチェックする必要があり、笑顔は大事な情報だ。

 しかし、新型コロナウイルスの感染が広がり始めてからは、私は、笑顔が出るような雰囲気ではなくなり、緊張感を覚えるようになった。電車に乗った瞬間に、何か、空気が凍るのである。

 運動時もジョギングしていると、皆、大きく私を避ける。感染を防ぐために距離をとる「ソーシャルディスタンシンング」(社会的距離)ということが推奨されているため、別に悪い行為ではない。
新型コロナウイルスの影響で閑散とする米首都ワシントンの桜並木=2020年3月(共同)
新型コロナウイルスの影響で閑散とする米首都ワシントンの桜並木=2020年3月(共同)
 だが、あまり大きくそれるので、私が北東アジア系だから差別しているのではないか、などと考えてしまう。顕著なのは、スーパーでの経験だった。以前は、笑顔であいさつしていた人が、私があいさつしても返してくれなくなり、笑みも浮かべなくなったのだ。私は当然、「無礼だな」と思ってしまう。