2020年04月17日 11:50 公開

ドナルド・トランプ米大統領の長女イヴァンカさんが先週、外出禁止令が出されている首都ワシントンから家族と共に、感染被害が深刻な東部ニュージャージー州へ移動していた。ホワイトハウスは16日、これについて「移動先は混雑していない」などと擁護するコメントを出した。

大統領上級顧問でもあるイヴァンカさんは家族と共に、7日にあったユダヤ教の「過越の祭り」を祝うため、ニュージャージー州にあるトランプ氏所有のゴルフ・リゾートに移動していた。

これについてホワイトハウスは、「商用目的ではなく」、「祝賀行事を家族と祝った」のだと説明。首都ワシントンとニュージャージー州は共に、必要不可欠な場合を除き外出しないよう命令を出している。

ホワイトハウスは米メディアに対し、イヴァンカさんと夫で政権上級顧問のジャレッド・クシュナー氏は子供3人を連れて、「一族の家に等しい、閉鎖中の施設を訪れた」と説明。「移動は通勤と変わらず」、「行き先は(ワシントンの)自宅近くよりも人が少ない場所だった」としている。

現在の連邦政府指針によると、国民は「不要不急の旅行、買い物や人との懇親のための外出を控える」よう求められている。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間17日午前の時点で、アメリカで確認された感染者は67万人超。3万3000人以上が死亡している。ニュージャージー州政府によると、州内で確認された感染者は7万5000人超で、3500人以上が死亡している。ニュージャージー州はアメリカで最も被害の深刻なニューヨーク州に隣接する。

首都ワシントンでは4月1日から自宅待機命令が出され、「必要不可欠」なもの以外の外出を控えるよう命令されている。

イヴァンカさんは過越の祭りの前日、ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事のツイートをリツイート。医療スタッフを守るためにも「自宅にいてください」と呼びかける内容だった。

マーフィー知事は先月、州内に別荘のある人には行動制限が解除されるまで州内に来ないよう呼びかけていた。

米疾病対策センター(CDC)はニュージャージー、ニューヨーク、コネチカットの3州地域の住民に対し、「不要不急の国内移動を控える」よう呼びかけている。

英スコットランドでは先週、主任医務官が同様に、全国的な行動制限中に別荘へ移動したことを非難され、辞任している。

キャサリン・コルダーウッド医師は、自宅のあるエジンバラから車で1時間以上かかるファイフの別荘を2度訪れ、警察に警告されていた。当初は謝罪し、留任する意向だったが、今月5日に辞任した。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 White House defends Ivanka Trump's personal travel amid lockdown