2020年04月17日 14:31 公開

新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、人間が世界各地のあらゆる場所から姿を姿している。この変化に徐々に気づいた動物たちが、絶好のチャンスを満喫している。

南アフリカのクルーガー国立公園では、普段は観光客が多く行き交う路上で、ライオン数頭が昼寝しているのが目撃された。

同国立公園の自然保護官、リチャード・ソウリー氏は15日、巡回中に昼寝しているライオンの群れに遭遇し、写真を撮影した。

他の野生動物公園と同様に、クルーガー国立公園も新型ウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)の一貫として、3月25日から閉鎖されている。

ライオンが路上にいる様子の目撃はめずらしい。通常は夜間に自然保護官しか目にしない光景だという。

昼寝中のライオン撮影に至るまで

クルーガー国立公園はアフリカ最大の保護区の1つ。ソウリーさんは自然保護官として野生動物の様子を確認し、密猟者の侵入を防ぐなど、ロックダウン中も重要な役割を担っている。

ソウリー氏は15日、宿泊施設「オーペン・レスト・キャンプ」近くで車を運転中、目の前の道路にライオンがいるのを発見。めずらしい光景を見ようと、わずか5メートル離れた場所に停車した。

ほとんどのライオンはぐっすり眠っているようで、携帯電話で写真を撮っている間、気にする様子はなかったという。

「ライオンは車に乗った人間には慣れている」と、ソウリー氏は説明する。

「どんな動物も、生身の人間に対する恐怖の方が本能的に大きい。なので、私が歩いて近づいたなら、あそこまで接近できなかったはずだ」

昼寝していた群れで最高齢のライオンは14歳くらいで、「雌ライオンとしてはかなり高齢」なので、車両を見るのには慣れているという。

ソウリー氏によると、普段なら園内の路上でライオンが寝ているのが見られるのは、もっと寒い冬の夜だけだ。冬は、路面温度が高いからだという。

しかし、あまりに道路が静かになったせいで、ライオンたちが道路を安全な場所と誤解してはならないと、保護官たちは警戒している。

ロックダウンによる影響

人の動きが激減した公園内のゴルフコースでは、ライオンや野犬も目撃されている。しかしそれ以外では、ロックダウンによる動物の行動への大きな影響は出ていないとソウリー氏は考えている。

https://twitter.com/SANParksKNP/status/1249682435786317824


「クルーガー国立公園の環境は、非常に野生に近い」とソウリー氏は言う。「非常に野生的だし、今もそうだ」。

ソウリー氏は、自分が撮影した写真を、公園に来られない人たちと共有できて嬉しいという。

「あらゆる人にとって困難な時期なので、みんなを楽しませたいと思った」

南アフリカは、アフリカ諸国で最も甚大な被害を受けている。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、南アフリカでは日本時間17日午後1時時点で、2600人以上がCOVID-19(新型ウイルスによる感染症)を発症し、50人近くが死亡している。

15日には、国立公園の封鎖が2週間延長されることとなった。

広報担当のアイザック・パラ氏は、「誰もがロックダウンの重要性を認識していて、自然保護官たちは通常の任務を行うために園内にいる」、「園内のインフラを維持するにはかなりの作業が必要だが、再開した時にゼロからのスタートにならないようにしないといけない」と述べた。

また、ライオンについては、「普段は交通量が多いので茂みの中にいるが、ライオンは非常に賢いので、今は私たちのいない園内で自由を満喫している」と付け加えた。

なぜライオンたちが柔らかい草の上ではなく、タール舗装された道路を好むのか、気になる人もいるかもしれない。

その理由はおそらく単純で、14日夜に雨が降ったからだろうとパラ氏は言う。

「なので、草の上よりも路上の方が乾いていたはずだ。大型ネコ類と水は相性が悪いので」

(英語記事 Lions nap on road during South African lockdown