2020年04月17日 20:15 公開

イギリスのドミニク・ラーブ首相代行は16日、新型コロナウイルス対策として3月23日から全国で続くロックダウン(都市封鎖)は、「少なくとも」あと3週間は続くと発表した。新型ウイルスに感染し「COVID-19」を発症したボリス・ジョンソン首相に代わり、記者会見した。

ラーブ外相は、政府と専門家が検討した結果、行動制限の緩和が早すぎると、むしろ国民の健康と経済を損なうと判断したと説明した。

「まだ感染率が十分下がっていない」とラーブ氏は述べた。

イギリスはこの日、さらに861人が新型ウイルスのために病院で死亡。COVID-19のため病院で死亡した人数は、計1万3729人になった。

<関連記事>

英政府は3月23日夜から、市民に不可欠な理由以外の外出を控えるよう要請。多くの事業を休業させ、2人超の集会を禁止した。

閣僚は様々な規制による効果が出ているか、3週間ごとに点検するよう法律で義務づけられている。

ラーブ外相は、「トンネルの向こうに光はあるが、今はこのパンデミックにおいて慎重を要する危うい段階にある」と述べた。

「実施している措置の緩和を急げば、これまでのあらゆる犠牲と前進を無駄にしてしまうかもしれない」

「そうなればまたすぐにロックダウンに戻ることになり、ウイルスの第2波で人命が脅かされるし、2度目のロックダウンがまたしても経済に打撃をもたらす」

ラーブ氏はさらに、行動制限による効果は出ているものの、病院や介護施設での感染が拡大しているようだと懸念を示した。

首相代行は、ロックダウン緩和には5つの条件が満たされる必要があるとして、以下を挙げた――。

  • 国民保健サービス(NHS)が事態に対応できること
  • 日別の死者数が「継続かつ一貫して」減り続けること
  • 感染者増加のペースが「対応可能な水準」に下がりつつあるという信頼できるデータが揃うこと
  • 検査と個人用防護具(PPE)の供給量が今後の需要に確実に応えられること
  • どの緩和措置も2度目の感染ピークの原因とならないこと

ラーブ氏は、時期的な見通しを現時点で示すことはできないと述べた。その上で、感染拡大の初期にジョンソン首相が示した、事態が落ち着くまでには約3カ月かかるという見通しは、今もその通りだと話した。

「つらいのは承知している。この台を前にして、厳しい数字を読み上げるたびに、亡くなった人たちの子どもたち、兄弟姉妹、孫たちが今どういう思いでいるか、残された人のことを考えてしまう」と首相代行は言い、「その分だけ政府としては、やらなくてはならないことにますます集中する。私たちは一丸となって、この国を挙げての取り組みを続けなくてはならない」と強調した。

最大野党・労働党は、ロックダウン緩和に向けての行動計画の発表を政府に求めている。これについてラーブ氏は、「政府として責任をもってできる限り情報を公開している」ものの、今から3週間後に政府科学顧問たちが検討することになるデータを、「事前に判断」するわけにはいかないと話した。

労働党のキア・スターマー党首は、政府によるロックダウン延長の判断は「正しい」ものの、ロックダウン解除への「出口戦略」には必ず、大規模な検査の実施が不可欠だが、実際には1日の検査件数を4月末までに10万件に引き上げるという目標を、政府はなかなか実現できずにいると苦言した。

首相官邸によると、イギリスは現在、1日3万5000件の新型ウイルス検査を行う能力がある。ただし、直近のデータによると、24時間の実施件数は1万8665件にとどまっている。

(英語記事 Coronavirus: UK lockdown extended for 'at least' three weeks