2020年04月21日 11:33 公開

米ニューヨーク商業取引所で20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の枯渇により、原油価格が史上初めてマイナスとなった。

マイナス価格は、貯蔵施設が5月に満杯になる恐れがある中で、生産者が買い手に代金を払って引き取ってもらう状態になっていることを意味している。石油会社は余剰原油を貯蔵するためにタンカーのレンタルに頼っている。

アメリカの原油価格を示すウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物はこの日、1バレル当たりマイナス37.63ドルと、史上初のマイナス価格で取り引きを終えた。

米株式調査大手CFRAリサーチのエネルギー資産アナリスト、スチュワート・グリックマン氏は、「桁外れの異常事態」で、「需要ショックが非常に大きく、人々の予想をはるかに超えている」と述べた。

この日の原油価格の激しい下落は、世界の石油市場の仕組みが原因の1つだった。原油は先物価格で取引され、4月21日にWTI原油の5月物の最終取り引きを迎える。そのため、トレーダーは原油の仕入れや貯蔵コストの発生を避けるために、貯蔵分を手放したがっていた。

6月物も下落したが、1バレルあたり20ドル以上で取り引きされている。

こうした中、すでに6月物の取り引きが行われている、欧州などでベンチマークとなっているブレント原油価格も下がり、8.9%減の1バレル当たり26ドル以下となった。

グリックマン氏は、今回の歴史的な価格変動は、ただでさえ石油市場が直面する厳しい状況をあらためて浮き彫りにしたと指摘。新型ウイルス感染拡大防止のためのロックダウン(都市封鎖)が今後も続くなら、6月物の価格も下落する可能性があると警告した。

「石油会社や原油価格の見通しについて、楽観的な見方はまったくできない(中略)たとえマイカーを石油満タンにできても、じゃあどこに行くというんだ」

イギリスの海洋石油・ガス部門の業界団体「OGUK」は、アメリカの原油価格のマイナスは、北海で操業する企業に影響すると指摘した。

UGUKトップのディアドル・ミッチー氏は、「米市場の力学は、英国産ブレントを直接動かすものとは別だが、我々も無縁ではいられない」、「我々は単なる取り引き市場ではなく、1ペニーの損失が出るごとに雇用が不安定になる」と述べた。

石油業界は需要の減少と、減産をめぐる生産者間の争いの両方で苦しんでいる。

石油輸出国機構(OPEC)などの石油期間は今月初め、世界全体で10%という過去最大規模の減産に合意した。

しかし、アナリストからは対策として不十分だとの指摘があがっている。

オーストラリアの外国為替取引企業アクシコープの主任グローバル市場ストラテジスト、スティーヴン・イネス氏は、「OPECなどの合意が現状のままでは、原油市場の均衡維持に不十分だと、市場はすでに気づいた」と説明した。

ドナルド・トランプ米大統領は、政府が国家備蓄のために原油を購入するとしている。しかし、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行の調査によると、アメリカの主な原油貯蔵施設があるオクラホマ州クッシングでは、3月初旬から在庫量が50%近く増加した。ANZ銀行は調査報告書で「今年後半の回復に期待している」と述べている。

イネス氏は、「まったく、これはごみの山だ。クッシングの貯蔵施設が分刻みで満杯になっているのに、誰も、本当に誰一人として、原油を欲しがっていない」と述べた。

(英語記事 US oil prices turn negative as demand dries up