2020年04月23日 12:01 公開

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は22日、新型コロナウイルスとの戦いに油断がみられると警告し、感染症COVID-19は「長い期間、私たちの回りにあり続けるだろう」と話した。また、今の時点でロックダウン(都市封鎖)を解除すればウイルスを「再活性化」させると指摘した。

テドロス事務局長は一方で、WHOはCOVID-19の警告を十分に早い段階で世界に発していたと、同機関の対応を擁護した。

WHOは1月30日に新型ウイルスについて「世界的な緊急事態」を宣言。3月11日にパンデミック(世界的流行)になったと発表した。

テドロス氏はジュネーヴでの会見で、「振り返ってみると、緊急事態宣言は正しいタイミングで発され、各国に対応の時間を十分に与えられたと思う」と話した。

各国政府からはWHOの働きを称賛する声があるものの、テドロス事務局長に対してはパンデミックへの対応を理由に、主にアメリカの政治家から辞任を求める声が上がっている。

辞任についての質問にテドロス氏は、人命を助けるために「昼夜を問わずに」働き続けるつもりだと答えた。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、新型ウイルスの感染が確認されたケースはこれまでに260万件以上に上り、死者は18万人を超えている。

<関連記事>

「油断が最も危険」

テドロス事務局長は会見で、西欧ではほとんどの流行が横ばいあるいは収束傾向にあると述べた一方、その他の国々ではCOVID-19が広がり始めたところだと説明した。

また、「パンデミックの影響を早くに受けていた一部の国では、感染者数の再増加が始まっている」と指摘した。

「間違えないでほしい。道のりは長い。このウイルスは長い期間、私たちの回りにあり続けるだろう」

テドロス氏はさらに、「自宅待機命令や物理的に距離を取る対策により、多くの国が感染を抑えることに成功したのは疑いようがない。しかし、新型ウイルスそのものは依然として非常に危険なものだ」と警告した。

「世界のほとんどの人がなお、感染しやすい状態だという調査結果も出ている。つまり、流行は簡単に再活性化する可能性がある」

「私たちが直面している最も危険なもののひとつは、油断だ」

WHOの緊急対応を主導しているマイク・ライアン医師は、スポーツ大会など大規模イベントを再開するには、公衆と政府の間に「新しい社会的契約」が必要だと説明。「リスクが全くないという状態はありえない」ということを理解しないといけないと話した。

WHOへの批判とは?

ドナルド・トランプ米大統領は先週、WHOへの拠出を取りやめると発表。新型ウイルスの対策の失敗や、中国でこのウイルスが発見された後に感染拡大を隠ぺいしたと非難した。

3月には、台湾とのアウトブレイク(大流行)対策の協議を拒否したことが発覚し、中国寄りだとの批判が高まった。

また一部の保健専門家からは、WHOのマスクに関するガイダンスが混乱を招いているとの指摘も出ている。

アメリカのマイク・ポンペオ国務長官は21日、中国とWHOに対する批判をあらためて展開した。

「我々は、中国共産党が新型ウイルスの流行を迅速にWHOに報告しなかったと強く信じている。WHOの規制チームも、パンデミックへの対応に失敗したことは明らかだ。透明性と正しい理解が人命を救う」

(英語記事 Lifting lockdowns could see virus 'reignite'


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活