2020年04月27日 18:40 公開

バングラデシュの難民キャンプを出たロヒンギャ難民を乗せたトロール漁船がマレーシア政府によって追い返され、4月半ばにバングラデシュの海上警備隊に保護された。保護されるまでに、大勢がベンガル湾の洋上で死亡しているという。

マレーシア政府は難民受け入れ拒否について、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるからだと理由を説明している。

行き場がなく漁船で洋上をさまようロヒンギャ難民は、他にも数百人に上るとみられる。バングラデシュ南岸で救助されたトロール船では、数十人がすでに船内で死亡したという。