2020年04月28日 12:33 公開

ドナルド・トランプ米大統領が新型コロナウイルス治療として消毒剤の注射について言及した後、消毒剤についての電話相談が同国で急増している。ただトランプ氏は27日、「なぜだか想像もつかない」と述べた。

トランプ氏は23日の記者会見で、消毒剤の使用について発言した。ミシガン州とメリーランド州の知事は26日、電話相談の急増はトランプ氏が原因だと批判した。

医療関係者からも激しい非難が相次ぐと、トランプ氏は24日、発言は皮肉を意図したものだったと述べた

消毒剤は危険な物質で、飲み込むと中毒症状が出ることもある。

<関連記事>

責任は「取らない」

新型コロナウイルスに関する27日のホワイトハウス定例会見で、メリーランド州で数日前から、大統領発言について助言を緊急電話相談が何百件にも上っていると、記者がトランプ氏に向かって発言した。

するとトランプ氏は、「なぜだか想像もつかない」と発言。すぐさま、「想像できない」と続けた。

電話相談が増えた責任を取るかと問われると、トランプ氏は、「いや取らない」と答えた。

メリーランド州の知事室は先週、トランプ氏の発言を受け、消毒剤の飲用や注射をしないよう、州全域に警告を発したと発表した。

問題のトランプ発言

トランプ氏は23日の定例会見で、当局が新型ウイルスは漂白剤で数分以内に不活化する可能性があることを発表した後に、消毒剤について言及した。

「(新型ウイルスを)1分でやっつける消毒剤もあるだろう。1分だ。そういうのをやる方法はあるかな? 体内への注射とか、それこそ洗浄に近いような?」

トランプ氏は24日午後になると、「おたくみたいな記者たちに、皮肉として質問して、どうなるか試したんだ」と述べた。

大統領選は延期しない

27日のホワイトハウス中庭での会見では、11月に予定されている大統領選挙の延期の可能性について質問が出た。

トランプ氏は、「大統領選の日程を変えるなどと考えたことは一度もない」、「そんなことをする理由がどこにある?」と答えた。

民主党の大統領選候補の指名を確実にし、共和党のトランプ氏との対決が見込まれているジョー・バイデン前副大統領は先週、トランプ氏が「どうにかして大統領選を遅らせようとする」との見方を述べた。

しかしトランプ氏はこの日、そうした見方は「でっち上げのプロパガンダ」だと述べ、「選挙を心待ちにしている」と話した。

憲法学者らは、大統領選の日程は連邦議会が設定したもので、大統領が変更することはたとえ緊急事態においてもできないとしている。


記者からは、20年間続いたヴェトナム戦争の死者数を上回る死者を6週間のうちに発生させた大統領が、再選に値すると思うかとの質問も出た。

トランプ氏は、自分の政権は「信じられないほどの」仕事をしたと述べた。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計(日本時間28日午前10時現在)によると、アメリカで確認された新型ウイルスの感染者は100万人近くに達している。死者は5万6000人を超えた。アメリカの人口は約3億3000万人。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 Trump 'can't imagine why' disinfectant calls spiked