2020年04月29日 13:27 公開

米国防総省は27日、機密解除された「未確認の飛行現象」の映像3本を公開した。

同省は「出回っている映像が本物かに関する、人々の誤った認識を解く」ことが目的だとした。

今回の映像は、2007年と2017年に流出していたもの。

うち2つはこれまで、米紙ニューヨーク・タイムズが取り上げた。残りの1つは米バンド「ブリンク182」のボーカル、トム・ディロング氏が共同設立した団体によって流出していた。

これらの映像をめぐり、未確認飛行物体(UFO)の存在が明らかになったと主張した人もいた。

<関連記事>

何が映っている?

ニューヨーク・タイムズによると、2004年に撮影された映像は、海軍の戦闘機パイロットが撮影。約160キロ沖の太平洋上を円形の物体が浮遊している様子を示している。

他の2つの映像は2015年に撮影された。複数の物体が空中を移動し、うち1つは回転していた。片方の映像には、「おい、あれを見ろよ! 回っているぞ!」というパイロットの声が記録されている。

国防総省は、今回の映像の公開について声明を発表。機密情報の流出や、軍空域への侵入に関する調査の妨げにはならないと判断したと述べた。

また、「映像に見られる飛行現象は『未確認』と分類されたままだ」とした。

長年にわたって調査

国防総省は2017年、UFOとされるものを長年にわたって調べていことを認めた。ただ、調査はすでに打ち切ったとした。

米海軍は現在、説明不能な目撃を「未確認飛行現象」と呼んでいる。

BBCのジョナサン・マーカス防衛問題担当編集委員はその呼び名について、多くの人の潜在意識に刻まれ、「私たちは本当にこの宇宙で唯一の生物なのか」という根源的な疑問を思い起こさせる「UFO」に取って代わるものではないとしている。

一方、ディロング氏は映像の公開を受け、共同設立した団体「To the Stars Academy of Arts and Sciences」の株主たちにツイッターで謝意を述べた。同時に、物体に関するさらなる調査に出資する考えも表明した。

ディロング氏は、「次はテクノロジーを追求し、もっと答えを見つけ、物語を伝えようと計画している」とツイートした。

同氏はUFOや超常現象の研究を目的に、2017年にこの団体を共同設立した。

(英語記事 Pentagon releases UFO videos for the record