2020年05月06日 16:24 公開

フィリピンの最大手の放送局ABS-CBNが5日、放送を止めた。政府のメディア規制機関から、放送停止を命じられた。新型コロナウイルス対策への影響を懸念する声も出ている。

ABS-CBNは、放送免許が議会で更新されるのを待っていた。免許は4日に失効したが、同局は更新を待つ間、放送を継続できると言われていると主張していた。

しかし、国家通信委員会は5日、放送停止を命じた。

ABS-CBNはこれまで、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の怒りを買ってきた。ドゥテルテ氏はメディアに出る批評家たちに圧力をかけ、黙らせることで知られる。

<関連記事>

野党議員らは、放送停止命令によって新型ウイルス対策が損なわれると訴えている。

リサ・ホンティヴェロス上院議員は、「停止命令は公共の福祉に反する」との声明を出した。

フィリピンで確認された新型ウイルスの感染者は9600人を超え、死者は600人以上になっている。


同局のマーク・ロペス会長は、放送停止直前に主要チャンネルの番組に出演。「停止は私たちにとって残念だ。それに、私たちのサービスが大事だと信じている何百万人もの国民にとっても残念だ」と述べた。

大統領と4年前から対立

ドゥテルテ氏とABS-CBNの反目はしばらく前から続いている。2016年の大統領選の際、同氏陣営の広告の放送を拒否したことがきっかけとされる。

今回の事態に、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルも強い懸念を表明している。

同団体のフィリピン部門ディレクターのブッチ・オラノ氏は、「メディアの自由に対する言語道断の攻撃だ(中略)フィリピン国民は独立した情報源からの正確な情報が必要だ」と声明で主張。即刻、放送再開を認めるよう求めた。

また、「今回のABS-CBNに対する動きは、これまでのドゥテルテ大統領による度重なる攻撃の延長線上にある。政府の(新型ウイルスの)世界的流行への対応を批判した人々を法的に脅迫したのに続き、これもまた新たな言論の自由に対する迫害だ」とした。

ABS-CBNは1953年設立のメディア複合企業。従業員は約1万1000人で、ラジオやテレビの全国ネットを保有し、オンラインでもコンテンツを配信している。

(英語記事 Philippines' top broadcaster ordered off air