2020年05月12日 17:40 公開

新型コロナウイルス対策のための厳格なロックダウン(都市封鎖)を敷くシンガポールのビシャン・アン・モ・キオ公園で、ロボット犬を使った実験が行われている。

4本足の黄色いロボット犬は園内を巡回し、混雑状況を監視しているほか、市民に社会的距離を保つよう促すメッセージを流している。

米ボストン・ダイナミクス社が開発したロボット犬には、監視用カメラとスピーカーが搭載されている。