2020年05月15日 10:56 公開

バングラデシュにある世界最大の難民キャンプで、イスラム系少数民族ロヒンギャの2人が新型コロナウイルス検査により陽性と判定された。当局者が明らかにした。

バングラデシュ政府の医師によると、同国コックスバザールの難民キャンプで新型ウイルス感染者が確認されたのはこれが初めて。このキャンプには約100万人のロヒンギャが暮らしている。

当局者はBBCに、感染者は隔離され治療を受けていると話した。

ほかに約1900人が隔離され、検査を受けているという。

<関連記事>

コックスバザールの難民キャンプは3月14日からロックダウン(封鎖)状態にあり、ロヒンギャがひしめくように生活している。

同様に大人数の難民が暮らすギリシャは、世界的流行(パンデミック)の勢いが弱まるのに合わせ、生活基盤のぜい弱な約1600人を同国の難民キャンプから他国に移動させたいと考えている。

ギリシャ・レスボス島にたどり着いた移民2人が今週、COVID-19(新型ウイルスの感染症)の検査で陽性と判明。同島の難民キャンプに入ることなく隔離された。

脅威はどれくらい?

ロヒンギャの難民キャンプでは人々が密集状態で暮らしており、清潔な水の入手も簡単ではない。援助団体は数週間前から、新型ウイルスが及ぼし得る影響について警告している。

英慈善団体セーブ・ザ・チルドレンの現地医療ディレクター、シャミム・ジャハン博士は、「コックスバザールにある世界最大の難民キャンプに新型ウイルスが入り込んだ現在、私たちはCOVID-19で何千人もが亡くなる非常に現実的な可能性に直面している」と声明で強調。

「このパンデミックはバングラデシュを何十年も後戻りさせるかもしれない」とした。

援助団体・国際救済委員会(IRC)の現地ディレクター、マニシュ・アグラワル氏は、難民キャンプでは1キロ四方に4万~7万人が生活していると指摘する。

「これは人口密度では、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの少なくとも1.6倍以上だ。あの船では武漢市のピーク時の4倍の速さで感染症が広がった」と、アグラワル氏はロイター通信に述べた。同船は横浜港に停泊中、船内でのCOVID-19の急速な感染拡大が確認された。

ロヒンギャとは

ロヒンギャはミャンマーの少数民族の1つで、長年にわたって迫害されている。人数は2017年初めの時点で約100万人となっている。

2017年8月からは、隣国バングラデシュへの集団脱出が続いた。その直前には、ロヒンギャの反政府グループ内の武装集団がミャンマーで警察施設30カ所以上を襲撃し、死者を出していた。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 Covid-19 detected in world's biggest refugee camp