では、どうするのか。最もシンプルで簡単な手法は、フェイスブック広告を使う方法だと思います。フェイスブックやインスタグラムの利用者にプッシュ方式で画面に登場させるというものになります。プッシュでスマホの画面に出てくるというのは、一見すると見た人によい印象を与えないのでは、と思いがちですが、地方自治体が発信する情報は比較的好意的に受け止められているようです。

 最近の事例でも、2市で実施していますが、予想を上回って、よい形で、全国からの新規の「いいね!」が増えてきています。多くの人が、地方自治体からの情報発信に対して好意的なのは、どういう理由からなのでしょうか。

 日本全国、ほとんどの人に自身の生まれ育った故郷があり、「最近、帰ってないなー、時々帰らないとなー」という後ろめたさのような気持ちがあったりします。また、日々の仕事や生活から離れてゆっくり観光したいという純粋な欲求も持っています。地方自治体が発するさまざまな日常の情報は、そんなニーズを満たしてくれているのかもしれません。

 たとえば、群馬県高崎市では、新設のフェイスブック「高崎目線~高崎に住むということ~」で、ゼロから記事投稿と同時に広告を運用し3週間で1700を超える「いいね!」を、岐阜県飛騨市では「飛騨市Fan’sPage」で6日間で約130の新規の「いいね!」を、全国から獲得しています。

 記事を見た人がすべて「いいね!」をすることはないわけですが、市の情報を市外の人に届ける、という観光プロモーションの非常に基本的なことを、シンプルかつクリアなKPI(重要業績評価指標)をもって実行していくことができます。加えて、反応が見え、分かりやすいことで、観光プロモーションを担当する人のモチベーションアップにもつながっていきます。

 新型コロナ問題で身動きが取れない時期だからこそ、フェイスブックを使って新しい「いいね!」を増やし、ファンをため、新たな形でより大きな観光プロモーションが再開したときに、真っ先にそのことを知らせることができる「友達」を作っていっていくことは非常に意味があると思います。

 次は③の「道の駅」についてです。新型コロナが終息したときに、観光産業のみならず、通常の経済活動は、どういう風に復活していくのでしょうか。多くの専門家が、さまざまな見地から考えを話していますが、終息の時期が明確にならない今は、どの見解が正しいか、という議論よりも、社会的に、いろんな可能性や考えを、誰もが、自由に発表し共有できる環境を作っておくことが、いざというとき、リスクを最小限にとどめることに役立っていくはずです。

 そこで、観光分野はどうやって復活していくのがよいのか、を考えたいと思います。みなさんの議論の材料にでもなれば幸いです。

 「3密」を避けましょう! という新しい生活様式が提唱され始めました。行動様式を変えていくことで、自身が感染するというリスクを低減し、社会全体として感染者を小さい数字でとどめておくとことで地域の医療を守ろうということだと思います。

 しかし、敵は見えないウイルスです。公共の施設が、たとえば、イスやテーブルの使用の前後にアルコール消毒をしても、その後から来たお客様から見ると、「したのか?してないのか?」「ウイルスがいるのか?いないのか?」は、自身の目で確認することはなかなか難しいという実情があります。

 観光という分野で考えれば、新幹線や飛行機、長距離バスなどの公共交通機関は、どうしても一定の時間「密閉」空間にならざるを得えません。つまり、新しい生活様式の中においても、これまでの当たり前の観光の仕様に戻すことは非常に困難であると言わざるを得ません。
閑散とする羽田空港第2ターミナル=2020年4月29日
閑散とする羽田空港第2ターミナル=2020年4月29日
 でも、冒頭で記しましたが、ウイルス研究や医療技術の進展、新薬開発などが急ピッチで進んでいるようなので、いずれわれわれが必要以上に怖がらなくてもよい病気の一つになってくれるのだと思います。それに向けて、長い時間がかかると思いますが、観光分野を再び盛り上げていくために、今、どういう形で助走を始めることが適切なのか、を考えてみました。