2020年05月20日 11:36 公開

アメリカのドナルド・トランプ大統領は19日、同国内で新型コロナウイルスのアウトブレイク(大流行)が始まってから初めてとなる閣議を開き、アメリカのCOVID-19(新型ウイルスの感染症)発症者数が世界最多となっているのは「名誉の印」だと主張した。

トランプ氏はこの日、「ところで、我々が感染者数において他を上回っていると指摘されているが、これはつまり、我々がほかの誰よりもたくさんウイルス検査を実施しているからだ」と記者団に述べた。

「だから多くの感染者が出ているからといって、私は悪いことだとはみなしていない。ある意味、いい事だと捉えている。我々のウイルス検査がほかよりもずっと優れていることの表れだからだ」

さらに、「だから、私は(世界最多の感染者数を)名誉の印だと思っている。本当に、これは名誉の印だ」と付け加えた。

「これは、ウイルス検査と、多くの専門家によるすべての労力に対する偉大な賛辞だ」

<関連記事>

米連邦機関の米疾病対策センター(CDC)によると、アメリカでは19日までに1260万件以上のウイルス検査が実施されている。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間20日午前時点で、アメリカの感染者数は152万7700人以上に上り、死者数は9万1800人を超えている。

アメリカに次いで2番目に感染者が多いのはロシアで、これまでに29万9900人以上の感染が確認されている。

トランプ氏の主張は正しいのか

英オックスフォード大学を拠点とする「アワ・ワールド・イン・データ」(OWID)によると、アメリカはウイルス検査の実施件数においてはほかの国を上回っているものの、人口に対する実施件数においては世界第1位ではない。

OWIDのグラフでは、アメリカは人口1000人あたりの検査実施件数で、韓国を抜いて世界第16位だが、アイスランドやニュージーランド、ロシア、カナダなどよりは順位が低い。

ボランティアが主導するCOVID追跡プロジェクトによると、過去1週間にアメリカは1日に30万件から40万件のウイルス検査を実施している。

しかしハーヴァード大学グローバル・ヘルス研究所は、アメリカが経済活動を再開し、その状態を維持するためには、1日に最低50万件のウイルス検査を行う必要があると主張している。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、約3億3000万人のアメリカは新型ウイルスによる死者数が9万1800人超(日本時間20日午前時点)と、感染者数と同様に世界最多となっている。しかし、人口に対する死者数においては世界第8位で、ベルギー(人口約1149万人、死者9108人)やカナダ(人口約3789万人、死者6028人)、イギリス(人口約6644万人、死者3万5422人)などよりも少ない。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 Trump says US topping virus cases is an 'honour'