重村智計(東京通信大教授)

 中国が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の健康状態を相当危惧しているようだ。それを強く印象づける中朝首脳の「やり取り」があった。

 5月8日、金委員長が中国の習近平主席に「口頭親書」を送ったとの報道があり、その2日後には習主席の「口頭親書」が金委員長に届いたと報じられた。

 ともに朝鮮中央通信によるものだが、日本の新聞やテレビもこの報道をそのまま受け、比較的大きく報じる一方、内容に疑問を示すことはなかった。ところが、中国は「口頭親書」とは違う言葉を使っていたのである。言葉の裏から中朝の激しい駆け引きが見えてくる。

 朝鮮中央通信は国営の報道機関である。当然のことだが、政府の宣伝媒体だと思わなければ、確実に北朝鮮の術中にはまる。「通信」といっても、日本の共同通信や時事通信と同じではないし、批判記事や暴露報道もしない。

 だから、朝鮮中央通信の報道は、裏読みしなければ真相がつかめない。でも、なぜか日本メディアのソウル特派員は裏読みを避けがちだ。

 話を戻すが、上述の中朝のやり取りには大きな疑問がある。そもそも「口頭親書」とは何かということだ。

 親書とは、元首の直筆による手紙を意味するため、署名なき「口頭親書」などあり得ない。そうした工作や虚報を行う工作国家が北朝鮮の正体なのである。
平壌駅前を行き交うマスク姿の市民=2020年5月8日(共同)
平壌駅前を行き交うマスク姿の市民=2020年5月8日(共同)
 では、なぜ「口頭親書」としたのか。まず、本人が文書を書けないか、自筆署名ができない可能性が疑われる。しかも、口頭なのに誰が誰に伝えたのか、明らかにされなかったのも疑問だ。

 5月1日、金委員長が20日ぶりに姿を見せたことで、多くのメディアで「健康」と報じられた。それなら、自筆の親書を送るのが当然のはずが、なぜできなかったのか。それでは、中国がどう報じたかを考察してみよう。