2020年05月28日 17:18 公開

米ミネソタ州ミネアポリスで27日、警察に拘束された際に地面に押さえ付けられた黒人男性が死亡したことに数百人が抗議し、警察と衝突する事態となった。

抗議デモは26日午後から始まった。黒人男性が拘束された交差点には数百人が集った。

デモ隊はパトカーにスプレーで落書きし、警察署に石を投げた。警察は催涙ガスや閃光弾などで応戦した。

ミネアポリスでは25日、レストラン警備員としての勤務歴があったジョージ・フロイドさん(46)が警察に拘束された際、首を膝で押さえ付けられた。

フロイドさんがうめき声を上げ、「息ができない」と白人警官に繰り返し訴える様子が動画に撮影されていた。フロイドさんはその後、死亡した。

これを受けて、警察官4人が懲戒免職となった。

今回の件は、2014年にニューヨーク市で警察に逮捕される際に死亡した、黒人男性エリック・ガーナーさん(43)の事件と重なる部分が多い。この事件では、「息ができない」(I can't breathe)という言葉が、警察の残虐行為を非難するかけ声になった。ガーナーさんの死は「黒人の命は大切(Black Lives Matter)」運動の原動力となった。

デモで何があったのか

デモの主催者は、デモを平和的なものに保ち、新型コロナウイルス対策の社会的距離を維持するよう努めた。デモ隊は「息ができない」、「被害に遭っていたのは自分だったかもしれない」と声を上げた。

デモ参加者のアニタ・マリー氏は米紙ワシントン・ポストに対し、新型ウイルスのパンデミック(世界的流行)の最中にここに来るのは怖いけど、抗議に参加せずにはいられない」と述べた。

デモ隊はその後、フロイドさんの死に関与した警察官が働いているとみられる第3管区へ向かって行進した。

参加者の1人は米CBSに対し、「本当にひどい。警察はこの空気を作ったのは自分たちだと、理解しなくてはならない」と述べた。

別の人は、「膝をついてピースサインを掲げていた私に、警察が催涙ガスを浴びせた」と述べた。

警察は1人が銃で撃たれたものの命に別状はないとし、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

フロイドさんに何があったのか

警察の声明によると、偽の20ドル札を使おうとした客がいると商店から通報があった。

警察によると、警官たちは自動車内にいた男性を発見。車から離れるよう命令すると、男性が抵抗したという。その後、「警官たちは容疑者に手錠をかけ、彼の体調に異常が見られることに気づいた」という。

現場で撮影された動画からは、フロイドさんと警察のやりとりがどうやって始まったのかは映っていない。しかし、白人警官1人に膝で首を押さえ付けられたフロイドさんが「息ができない」、「殺さないで」と言っているのが確認できる。

目撃者たちは警官に対し、フロイドさんの首から膝をどけるよう求めた。「鼻血が出ている」、「首から離して」といった声も上がった。

フロイドさんは動かなくなり、ストレッチャーに乗せられて救急車で運ばれたが、その後死亡が確認された。


ミネアポリス警察の実力行使に関する方針では、気道をふさがないように容疑者の首を膝で押さえ付けることを警官に認めている。

ミネアポリスのジェイコブ・フレイ市長は、「(警官4人は)懲戒免職となった」、「正しい判断だ」とツイートした。

フレイ氏は、「アメリカで黒人だというだけで、死刑宣告であってはならない。白人警官が黒人男性の首に膝を押し付けるのを、私たちは5分間、目にした。5分間もだ。誰かが助けてくれと言っているなら、本当なら助けなくてはならないはずだ」と述べた。

ミネソタ州選出のエイミー・クロブシャー上院議員(民主党)は、ただちに外部組織が徹底的に捜査するよう求めた。

連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出しており、連邦法違反で訴追する可能性について、州司法当局に報告する方針。

アフリカ系アメリカ人に対する警察の残虐行為の告発は、米各地で起きている。最近はメリーランド州で、男性がパトカーの中で警官に射殺され、大きな注目を集めた。

2014年のガーナーさんの事件では、事件から5年以上たった昨年8月、ガーナーさんの逮捕に関わったニューヨーク市警の警官1人が懲戒免職となった。訴追された人はいない。

BBCのジェシカ・ルッセンホップ記者によると、フロイドさんの事件への対応では、拘束に関与した警官4人が即座に懲戒免職になったことが、何より意外だった。また、結局は大勢がデモに参加したものの、市当局は速やかに断固とした行動をとることで、パンデミック中に大規模な抗議デモが起きないようにしたかったのだろうと指摘した。

米自由人権協会(ACLU)のペイジ・フェルナンデス氏は、フロイドさんの事件について、「この悲劇的な動画が、警察が黒人の命を奪うことを阻止するための意味ある変化がほとんど起きていないことを物語っている」と述べた。

(英語記事 Death of US black man in custody sparks clashes