2020年05月30日 12:25 公開

米ミネソタ州ミネアポリスで29日、黒人男性が白人警官に首を圧迫され死亡したことに抗議するデモで、米CNNの記者ら3人が生中継中に逮捕される出来事があった。

CNNのオマー・ヒメネス記者は、抗議デモの様子を生中継で伝えていたところ、警察に手錠をかけられ連行された。同じく取材にあたっていたカメラマン1人とプロデューサー1人も逮捕された。警察が場所を移動するよう求めた際に動かなかったことが理由とみられる。

その後3人は釈放された。

ミネソタ州のティム・ウォルツ知事は、この出来事は「容認できない」として謝罪した。

CNNは憲法違反だと主張した。

何があったのか

ミネアポリスでは25日、黒人男性ジョージ・フロイドさん(46)が警察に拘束された際、首を膝で押さえ付けられた。

フロイドさんがうめき声を上げ、「息ができない」と白人警官(29日に殺人罪で起訴)に繰り返し訴える様子が動画に撮影されていた。フロイドさんはその後、死亡した。

この事件を受けて、市内では暴力的な抗議デモが続いた。

CNNのヒメネス記者はデモ3日目の様子を現場で取材。デモ参加者に放火されて焼け落ちた警察署があるエリアで、1人が逮捕される様子を生中継で伝えた。

すると警察は取材クルーに近づき、場所を移動するよう指示した。

中継映像では、ヒメネス氏が自分はCNNのジャーナリストだと身元を明かし、「あなたたちが指示する場所に移動しますから。今は生放送中なので」と伝えているのが確認できる。

重装備の警官が「逮捕する」と言い、ヒメネス氏は手錠をかけられ連行された。

相次いでカメラマンとプロデューサーも手錠をかけられ連行された。中継がつながったままのカメラを警官が持ち運んだと思われる映像も、そのまま生中継された。

記者逮捕への反応は

CNNは取材クルーの逮捕は、言論や集会の自由を定めるアメリカ合衆国憲法修正第1条を明らかに侵害しているとツイートした。

「今朝ミネアポリスで、CNNの記者とその制作チームが身元を明かしたにも関わらず逮捕された。これは憲法修正第1条を明らかに侵害している。州知事を含むミネソタ当局は、CNN職員3人を直ちに解放すべきだ」

https://twitter.com/CNNPR/status/1266321293974134784

ミネアポリス警察は逮捕の事実を認め、3人が「メディアの人物だと確認がとれたので」釈放したとした。

しかし、ウォルツ州知事はこの出来事の「責任はすべて」自分にあると述べた。

「このような状況の中で周囲の人を排除している場合でも、我々はジャーナリズムがニュースを伝えられるように安全な場所を確保しなければならない。これは信頼の問題だ」と、ウォルツ州知事は記者会見で述べた。

また、「こんなことが起きてもいい理由など絶対にない」と付け加えた。

(英語記事 Anger as CNN journalist arrested live on air