2020年06月13日 13:04 公開

アフリカ東部・ウガンダで特に有名だった雄のマウンテンゴリラ「ラフィキ」が殺害された。ラフィキは25歳だったとみられている。

ブウィンディ原生国立公園で暮らしていた「ラフィキ」は、銀色に見える白い毛を背中に生やした「シルバーバック」と呼ばれる雄で、17頭の群れのボスだった。鋭利な物体で内臓を刺されて死亡しているのが見つかったという。

男4人が逮捕されており、絶滅危惧種の殺害で有罪となれば終身刑、もしくは540万ドルの罰金刑を科せられる。

世界中にマウンテンゴリラは1000頭余りしかいない。ウガンダ野生生物保護庁(UWA)は、ラフィキを失ったことは「大打撃だ」と話している。

ラフィキが率いた群れは、人間との接触に慣れていた。

「ラフィキが死亡したことで群れは不安定になる。バラバラに離散してしまう可能性もある」と、UWAのバシール・ハンギ氏はBBCに話した。「リーダーを失った状態で、野生のシルバーバックにのっとられるかもしれない」。

そうなった場合、群れは人間との接触を避けるようになり、その場合は観光に影響するという。

マウンテンゴリラは観光客に人気で、UWAは観光収益に依存している。

ラフィキはブウィンディ原生国立公園を訪れる人たちに人気だったと、ハンギ氏は言う。

6月1日に行方不明になり、捜索隊が翌日に遺体を発見した。

UWAの追跡チームが容疑者を近隣の村で発見した。UWAによると、狩猟道具を持っていた容疑者は、他の3人と国立公園内でもっと小さい動物を狩っていたところ、ラフィキに襲われ自衛のために殺したと話しているという。

4人の容疑者はウガンダで昨年成立した野生動物保護法にもとづき、起訴される見通し。

マウンテンゴリラはウガンダのブウィンディ原生国立公園のほか、ウガンダ、コンゴ(旧ザイール)、ルワンダ、ウガンダの3カ国にまたがるヴィルンガ・マシフ山地にのみ生息する。

国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種レッドリストで長く、絶滅の恐れが最も強い「絶滅危惧1A類」に分類されていたものの、密猟取締りを含む徹底した保護活動の成果で個体数が増えたとされ、2018年には絶滅の危険度のランクが1段階下げられ、「絶滅危惧1B類」に分類された。

(英語記事 Rafiki, Uganda's rare silverback mountain gorilla, killed by hunters