2020年06月24日 13:02 公開

ドイツ当局は23日、新型コロナウイルスの感染者が急増している北西部ノルトライン・ヴェストファーレン州の2つの郡について、ロックダウン(都市封鎖)を再開すると発表した。合わせて50万人以上に影響が出るという。

対象となるのは、集団感染のあった食肉処理工場のあるギュータースロー郡と、近隣のヴァーレンドルフ郡で、6月30日まで「予防策」が取られる。

ギュータースローの食肉処理工場ではこれまでに1500人以上の感染が確認された

ノルトライン・ヴェストファーレン州のカール=ヨゼフ・ラウマン保健相は、「市民を守るために」さらなる施策が必要だと話している。

初のロックダウン再開

ドイツは欧州各国と比べて感染者や死者が少なく、新型ウイルス対策に成功したとされていたが、感染拡大の懸念が広がっている。

今回のロックダウンの再実施は、5月に全国に敷いていたロックダウンを解除して以来、初めてのケースとなる。

ノルトライン・ヴェストファーレン州などはここ数カ月、アンゲラ・メルケル首相にロックダウンの解除を強く求めていた。

<関連記事>

同州のアルミン・アシェット首相はこの日、ギュータースロー南郊にある食肉工場でのアウトブレイクは国内で「最大の感染ケース」だと説明した。

ギュータースロー郡とヴァーレンドルフ郡では今後、バーや博物館、映画館、スポーツジムなどは休業となるほか、レストランはテイクアウトのみの営業となる。厳しい社会的距離施策も再開され、同一世帯以外の人とは、公共の場で1人しか会えなくなる。

ギュータースローではすでに学校や保育所も閉鎖されており、ヴァーレンドルフでも25日から同様の措置が取られるという。

また、集団感染のあった食肉処理場は17日から操業を停止している。この工場には現在、警察の3つの部隊と救援隊が派遣されている。

工場の従業員寮の周囲には鉄柵がめぐらされ、7000人の従業員のために食料などが配達されている。従業員の多くは移民で、状況説明のために通訳も配備された。

食肉工場の広報担当者はアウトブレイクについて謝罪したが、ラシェット氏は同社の非協力的な態度を批判している。

ギュータースロー郡とヴァーレンドルフ郡の住民は、別の地域への移動を制限されていない。しかしラシェット氏は「他の郡へ行かないよう」呼びかけている。

ドイツにも第2波の恐れ

ドイツでは各州がそれぞれの新型ウイルス対策を敷くことができ、規制なども各州で異なっている。

地域的なアウトブレイクが起きているのはノルトライン・ヴェストファーレン州だけではない。中部ゲッティンゲンでは高層住宅で集団感染が起こり、隔離状態に置かれている。20日には一部の住民が外に出ようとしたため、警察が出動した。

ドイツ保健省傘下のロベルト・コッホ研究所のローター・ヴィーラー所長は23日、同国に流行の第2波がくる危険性があると指摘。一方で、第2波を防ぐことには楽観的だと話した。

現在、ウイルス感染者1人が次に何人に感染させるかを示す「実効再生産数(R)」は2.76と推定されている。

流行を食い止めるためにはRを1未満に抑える必要があるが、当局はRを押し上げているアウトブレイクは地域的なものにとどまっていると強調している。

BBCのデイミアン・マクギネス・ベルリン特派員は、ドイツ全体での感染率は低いものの、突発的な地域的アウトブレイクがRを押し上げていると説明。先週、新たな感染者が出なかった自治体は140に上ると報じた。

小規模の感染は欧州のほかの国でもみられる。22日にはスペイン北東部アラゴン州ウエスカでロックダウンが再開され、6万8000人の住民に影響が出ている。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 Second German area locked down after outbreak