2020年07月03日 18:02 公開

ミャンマー北部カチン州パカンのヒスイ鉱山で2日、大規模な地すべりが発生し、160人以上の死亡が確認されている。

鉱山では大雨が続いており、緩んだ地盤が崩れて採掘労働者を飲み込んだ。この日は悪天候のため、鉱山に行かないよう警告が出ていたという。

ミャンマーは世界最大のヒスイの産地だが、事故が多く、昨年にも100人以上が亡くなっている。