2020年07月11日 12:32 公開

ドナルド・トランプ米大統領は10日、米共和党系のロビイストで長年の盟友ロジャー・ストーン被告(67)について刑務所入所前に禁錮刑の執行を免除した。

偽証や証人買収の罪などで有罪になったストーン被告は、3年4カ月の禁錮刑の言い渡しを受けていた。ワシントンの連邦高裁が刑期開始の延期を却下してから間もなく、ホワイトハウスが刑の免除を発表した。

高裁の判断を受けて被告は14日から、ジョージア州の連邦刑務所に入るはずだった。

2016年米大統領選へのロシアの介入について司法省が進めた捜査の一環では、ストーン被告を含めてトランプ氏の側近6人が有罪判決を受けた。

「ロシアでっちあげの被害者」と大統領

ホワイトハウスは声明で、「ロジャー・ストーンは、トランプ政権の足をひっぱるために左派と、マスコミにいるその仲間が、何年もの間しつこく続けたでっちあげのロシア騒ぎの被害者だ」と述べた。

ホワイトハウスはさらに、ロシア疑惑の捜査を指揮したロバート・ムラー特別検察官が率いる司法省の検察官たちは、トランプ陣営がロシア政府と共謀したという「ファンタジー」を立証できなかったから、腹いせにストーン被告を起訴したに過ぎないと主張した。

「捜査失敗の穴埋めに派手なニュースの見出しがどうしても欲しかった、無軌道のムラー配下の検事たちは、だからこそストーン氏に注目した」とホワイトハウスは述べた。

<関連記事>

ホワイトハウスはさらに、連邦捜査局(FBI)が昨年1月の早朝にストーン被告の自宅を家宅捜索し、被告を逮捕した際、事前にCNNに知らせていたようだと批判した。

「ロジャー・ストーンはすでに、ひどく苦しんだ」、「この事件では大勢がとても不当に扱われたし、彼もそのひとりだ。ロジャー・ストーンはもはや自由だ!」とホワイトハウスは声明で強調した。

トランプ氏は数カ月前からことあるごとに、ストーン被告の刑執行猶予を命じるつもりだと話していた。

反応は

ストーン被告はAP通信に対し、10日の早い時点でトランプ氏から刑の免除について電話で知らされたと明らかにした。

被告は取材に対し、フロリダ州の自宅で友人たちとシャンパンを飲みながら祝っていると話した。

一方で、下院情報委員会のアダム・シフ委員長(民主党)は、トランプ氏を批判した。

「アメリカには2つの司法制度があるのだと、これでトランプははっきりさせた。犯罪を犯した自分の仲間たちと、その以外の人たちは、別扱いなのだと」

民主党全国委員会のトム・ペレス委員長は、「トランプが乱用しない権力はないのか」と批判した。

トランプ氏はこれまで、ストーン被告のほかにも自分の側近たちが刑事事件で相次ぎ有罪になったことに繰り返し不満を漏らしてきた。

ストーン被告の罪状は

大統領による刑の免除は、恩赦と違い、有罪判決を無効にする無罪放免ではない。

ストーン被告は、トランプ氏が勝利した2016年大統領選におけるロシア介入に関して、下院情報委員会の調査の妨害や、ウィキリークスと接触を図ったことについての偽証、証人買収など7件の罪状で、昨年11月に有罪となった。

2016年夏に民主党候補だったヒラリー・クリントン氏が不利になる大量のメールがウイキリークスに漏洩(ろうえい)された。米情報当局は、このメールを盗んだのはロシア人ハッカー集団だったと結論している。

ストーン被告は2016年大統領選の最中、ウイキリークスのジュリアン・アサンジ創始者と接触していることを認めていた。また、民主党全国委員会のメールサーバーからハッキングで盗まれた2万通近いメールが、近くウイキリークスに掲載される見通しだと事前に発言していた。

ストーン被告について検察は7~9年の禁錮刑を求刑した。しかし、トランプ氏に近いとされるウイリアム・バー司法長官が異例の介入で、求刑の短縮を命令。担当検事4人が一斉に抗議して担当を降りるという展開になっていた。

ストーン被告はどんな人物?

ストーン被告は1970年代から、共和党と協力して活動してきた。背中にはリチャード・ニクソン元大統領の入れ墨がある。

1990年代には、トランプ氏のカジノ経営を推進するロビー活動を展開。トランプ氏が2000年に大統領選に立候補した際には支援した。


米ネットフリックスのドキュメンタリー番組は、立候補が不成功に終わったトランプ氏に対し、改めて大統領選に挑戦するよう励ましたとのがストーン被告だと伝えている。

(英語記事 Roger Stone: Trump commutes ex-adviser's sentence