2020年07月13日 10:34 公開

米フロリダ州で12日、新型コロナウイルスの新規感染者が1万5299人確認され、州別の1日あたりの最多を記録した。同州はアメリカ全体の日別感染者の4分の1近くを占めている。

人口ではアメリカの7%程度でしかないフロリダ州は、これまでのカリフォルニア州の最多記録を上回った。

フロリダ州は5月に制限を解除。観光客と高齢者が多く、感染拡大の影響が大きい。

1日あたりの陽性率(検査を受けた人に占める感染者の割合)でも、これまでの最悪だったニューヨーク州の4月の記録を上回った。

<関連記事>

フロリダ州の死者はこの日、新たに45人が報告された。

ロイター通信の分析では、同州を国とした場合、新規感染者数で世界4位となる。同州の40以上の病院が、集中治療施設は満員状態だとしている。


フロリダ州では前日、オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールドが再開した。マスク着用やこまめな手の消毒などの安全対策を取っている。

先月には、同州のロン・デサンティス知事(共和党)が一部のバーの閉鎖を再び命じたが、感染者は増え続けている。

米政府に新型ウイルス対策を助言するアンソニー・ファウチ博士は、フロリダ州でのロックダウン(都市封鎖)緩和について、感染者データに合致しないとして批判してきた。同州ではマスク着用は、知事の反対で義務化されていない。


マスク着用はアメリカで政治問題となっている。

反対派は義務化について、個人の自由を侵害すると主張。いくつかの州では、マスク着用などの感染対策をめぐって抗議デモが起きている。


そうしたなか、マスクの効果を疑問視していたドナルド・トランプ大統領が11日、初めて公の場でマスクを着けた。この日、ワシントン近郊のウォルター・リード軍病院を訪れ、負傷兵や医療従事者と面会した。

トランプ氏は、「マスクに反対したことは1度もないが、ふさわしい時と場所があると思う」と、ホワイトハウスを出る際に話した。

アメリカではここ数日、新規感染者の合計が6万人を超え続けている。フロリダの他、アリゾナ、カリフォルニア、テキサスなどの州でも感染者の増加が続いている。

アメリカで新型ウイルスの流行が始まって以来、感染症COVID-19の死者は13万4000人を超えている。

(英語記事 Florida breaks state record for daily infections