2020年07月24日 13:46 公開

アメリカのドナルド・トランプ大統領は23日、フロリダ州ジャクソンヴィルで来月24~27日に予定していた、米大統領選にむけた共和党全国大会について、新型コロナウイルスの感染拡大の「再燃」を理由に中止すると発表した。

トランプ氏はこの日、ホワイトハウスでの新型コロナウイルスに関する記者発表で、4夜にわたる華やかな祭典の中止を宣言。安全面を最も懸念していると述べた。

「適切な時期ではない」とし、別のかたちで共和党全国大会の演説を行う方針だと付け加えた。

トランプ氏は、「世界の状況は変わった。そしてこれはしばらくの間続くだろう」との見通しを表明。党大会で何万人もの参加者を危険にさらすのは「間違っていると感じた」と述べた。

「どんなリスクも冒したくなかった」と、トランプ氏は記者団に述べた。「警戒しなければならない。注意して、手本を示さなければならない」。

<関連記事>

それでも、共和党代表団の中には、もともとの党全国大会の会場だったノースカロライナ州シャーロットに集まる人たちもいる。

党全国大会は当初、ノースカロライナ州で開かれる予定だった。しかし、ロイ・クーパー知事(民主党)が社会的距離を理由にの観客数を制限するよう要求したことを受け、トランプ氏はイベントの一部をフロリダ州に移していた。

8月24日の半日のイベントで、トランプ氏は11月の大統領選での共和党候補に正式に指名される予定だった。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、アメリカの新型ウイルスの累計感染者数は400万人超、死者は14万4000人以上に上っている(日本時間24日午前時点)。

ミズーリ州やノースダコタ州、ウェストヴァージニア州では22日、新規感染者数が過去最多となった。アラバマ州、アイダホ州、テキサス州でも同日、1日あたりの死者数が過去最多を記録した。

フロリダ州ジャクソンヴィルの保安官は今週、ジャクソンヴィルは来月に政治的大集会を受け入れる状態ではないと警告した。

フロリダ州はトランプ氏の再選戦略において重要な州だが、カリフォルニア州とニューヨーク州に次いで新型ウイルスの感染者数が多い。

複数の世論調査によると、大統領として2期目を狙うトランプ氏は、新型ウイルス対策が批判されており、苦戦を強いられている。

民主党の反応は

野党・民主党側はトランプ氏の発表をあざけった。民主党は8月にウィスコンシン州ミルウォーキーでほぼバーチャルの党全国大会を開催する予定で、ジョー・バイデン前副大統領が党の大統領候補に正式に指名されることになる。

民主党全国大会の戦略を担当した人物は、「誰がより良い党全国大会開催できるか。早い段階から制約を認識し、ゴールデンタイムの数百万人の視聴者をものにするためにほぼ全てをバーチャル/デジタルのテレビで制作しようと計画してきた党か。あるいは、あちこち移動し続け、1カ月前になっても具体的な計画のない愚か者か」と述べた。

バラク・オバマ前大統領と、オバマ政権で副大統領を務めたバイデン氏は22日、「社会的距離を保った」動画でのやりとりを公開。今年3月にCOVID-19(新型ウイルスの感染症)の検査の遅れについて質問された際に「自分には全く責任がない」と責任を回避したトランプをさげすんだ。

「あなたが大統領だった時に『自分の責任じゃない』と言うなんて、想像できますか?」とバイデン氏が言うと、オバマ氏は「自分たちがホワイトハウスにいたころは、そんな言葉が口から出るなどあり得なかった」と答えた。

こうした中、共和党と民主党は第5弾となる景気刺激策の法案を協議している。議会ではこれまでに3兆ドル(約320兆円)規模の対策を承認している。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 Trump scraps party convention in virus 'flare-up'