2020年07月28日 12:47 公開

米映画スターのトム・ハンクスさん(64)とリタ・ウィルソンさん(63)夫妻がギリシャの市民権を獲得した。同国が明らかにした。

ギリシャのキリアコス・ミツォタキス首相は25日、妻と、ギリシャのパスポートを手にしたハンクスさん、ウィルソンさんの4人で並んだ写真をインスタグラムに投稿。

ハンクスさんとウィルソンさんは「今や誇り高きギリシャ市民だ」と記した。

https://www.instagram.com/p/CDGDHiODHhN/


ハンクスさん、ウィルソンさん夫妻と子どもたちは昨年、ギリシャの名誉市民権を受けていた。2018年7月にアテネ近郊で大規模な森林火災が発生した時、社会的関心を引き寄せたことが評価された。

森林火災は沿岸部の町マティに大きな被害をもたらし、100人以上の死者を出した。

「ギリシャに多大な貢献」

ギリシャのタキス・テオドリカコス内相は、昨年12月の米CNNのインタビューで、ハンクスさんの尽力によって国際メディアが森林火災を取り上げたと話していた。

その後、プロコピス・パブロプロス前大統領が、「ギリシャに多大な貢献をした」として、ハンクスさんと家族に対して名誉市民権を与える大統領令に署名。

これにより、ハンクスさん一家がギリシャの市民権を申請することが可能になった。

ハンクスさんは1月、「ギリシャ全体の名誉市民として2020年をスタートした!」とツイートしていた。

「ギリシャは天国」

ハンクスさんはギリシャ正教会に改宗しており、ウィルソンさんの先祖はギリシャ人。ともに、ギリシャへの愛情を表明してきた。

ギリシャを長年訪れており、夏期に休暇を過ごすこともある。

アンティパロス島の住宅など、ギリシャに不動産を所有していると報じられている。

ハンクスさんとウィルソンさんが、ロマンチックコメディー「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」(原題My Big Fat Greek Wedding)に製作者として加わったのは、2人とギリシャとの関係も影響したと言われている。

ハンクスさんは今年の米ゴールデングローブ賞の授賞式で、「ギリシャにはもう32年近く行っている」、「ギリシャは天国だ。(中略)世界中を訪れ、数々の美しい場所にも足を運んだが、ギリシャを超える国はない。大地、空、水。魂に良い。癒やされる場所だ」と述べた。

(英語記事 Tom Hanks and Rita Wilson become Greek citizens