2020年08月03日 13:44 公開

アメリカのドナルド・トランプ政権の新型コロナウイルス対策の調整官、デボラ・バークス医師は2日、新型ウイルスの感染症COVID-19が全国に「異常に拡大」しており、アメリカは感染流行との闘いで新たな段階に突入しつつあると警告した。

バークス医師はこの日、米CNNの番組で、アメリカは新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)が始まった当初よりも大きな脅威に直面しているとの認識を示した。

今や大都市だけでなく地方にも影響を及ぼしていると指摘。地方のコミュニティーには新型ウイルスへの免疫がないため、マスクを着用し、社会的距離を取るべきだと述べた。

<関連記事>

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、アメリカでは累計466万人以上が感染し、15万4841人が死亡している(日本時間3日午前時点)。感染者数と死者数は共に世界最多となっている。

世界の感染者数は1800万人を超え、少なくとも68万8000人以上の死亡が報告されている。

バークス氏の主張

「地方に住む全ての人に伝えたい。あなた方には新型ウイルスへの免疫があるわけでも、新型ウイルスから守られているわけでもない」とバークス氏は述べた。

「今まさに起きているエピデミック(感染流行)はこれまでのものとは異なる。より広範囲に及んでいる。地方にも、都市部にも」

バークス医師はまた、過去3週間に14の州を訪問して目の当たりにしたことについて言及。感染のホットスポットで休暇を過ごす人々について懸念を示した。

「各地を訪問する間、アメリカ中で人々が移動しているのを目の当たりにした」とバークス氏は述べた。

「感染のホットスポットで休暇を過ごすと決めた人は、本当に戻ってくる必要がある。そして、併存疾患を持つ人を守り、自分が感染していると想定して行動する必要がある」

アメリカでは夏の間、特に南部と西部の州でアウトブレイクの拡大スピードが加速している。

アメリカのアウトブレイクをめぐっては、トランプ大統領が未実証の薬を新型ウイルス治療に有効だと主張して、物議を醸している。

米野党・民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は1日、トランプ氏が任命したバークス氏について、トランプ氏による「偽情報」の拡散に関わっているとし、信頼していないと発言した。

これに対しバークス氏は、自分は常に科学的データに基づいて決断を下していると反論した。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 US entering 'different' phase of Covid-19 outbreak