2020年08月04日 14:43 公開

サッカー選手が他の選手や審判などに向けてわざと咳(せき)をした場合、退場(レッドカード)となる場合がある――。国際サッカー評議会(IFAB)と英イングランドサッカー協会(FA)が、そんな見解を表明した。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は、サッカー界にも影響を及ぼしている。

サッカーのルール改正を担当するIFABは、わざと咳をする行為は、選手らに禁止されている「攻撃的、侮辱的、虐待的な言葉や動作」に当たると述べた。

<関連記事>

また、「すべての違反と同じく、審判はそうした違反の本質を判断する必要がある」とした。

「偶発的であることが明らかな場合や、選手間で十分な距離を置いて『咳』が出された場合は、審判は何の対応も取らない」

「しかし、接近した状態で明らかに攻撃的な場合は、審判は対応を取ることができる」

スポーツ精神に反する

一方、FAは市民レベルの試合に関する、即時発効のガイダンスを発表。

「(咳をする)出来事が退場処分にするほど深刻でない場合は、『スポーツ精神に反する行為』に当たるとして警告を出すことができる」と定めた。

また、審判は「通常の」咳を罰してはならないとし、「他者に対する行動であることが明白な場合だけ、対応を取ることができる」とした。

プレミアリーグとイングリッシュ・フットボールリーグの試合については、文書によるガイダンスは出ていない。ペナルティを科すかは審判の判断に委ねられる。

(英語記事 Red cards for deliberate coughing - Ifab