2020年08月12日 13:51 公開

この1年で最も高収入だった男性俳優は、アメリカのドウェイン・ジョンソン氏だった。米フォーブス誌によるランキングで、2年連続で首位となった。

「ザ・ロック」の愛称で知られるジョンソン氏は、2019年6月1日~2020年6月1日に8750万ドル(約93億4000万円)を手にした。

これには、配信大手ネットフリックスのスリラー映画「レッド・ノーティス」の出演料や、自身のフィットネス衣料ブランド「プロジェクト・ロック」からの収入が含まれる。

フォーブスによると、上位10人の収入の総額は5億4550万ドルで、その4分の1以上がネットフリックスからの支払いだという。

2位は、「レッド・ノーティス」でジョンソン氏と共演したライアン・レノルズ氏(7150万ドル)。うち2000万ドルが同作からで、別のネットフリックス作品「6アンダーグラウンド」でも2000万ドルを得ている。

3位はマーク・ウォールバーグ氏の5800万ドル。これにベン・アフレック氏、ヴィン・ディーゼル氏が続いた。

また、アクシャイ・クマール氏がボリウッド(インド映画界)から唯一トップ10入りした。4850万ドルで6位となったが、収入の大半はメーカーとのスポンサー契約だという。

他にも、ミュージカル「ハミルトン」のリン=マヌエル・ミランダ氏、俳優のウィル・スミス氏やアダム・サンドラー氏、ジャッキー・チェン氏らが名を連ねた。

一方、同期間の女優の収入ランキングはまだ発表されていない。

昨年はスカーレット・ヨハンソン氏が5600万ドルで首位だったが、これは同年7位の男性俳優より少なかった。

(英語記事 Dwayne Johnson is highest-paid male actor