2020年08月12日 14:34 公開

米大統領選で野党・民主党候補になるジョー・バイデン前副大統領は11日午後(日本時間12日早朝)、共にホワイトハウスを目指す副大統領候補として、カマラ・ハリス上院議員(55、カリフォルニア州選出)を選んだ。

検察官出身のハリス氏は、アメリカの主要政党で初めてアフリカ系とインド系のルーツをもつ女性副大統領候補となる。

過去に女性の副大統領候補は2人いたが、2大政党の副大統領候補としてアフリカ系やインド系は男女を問わず初めて。ハリス氏が当選すれば、女性で、アフリカ系で、インド系というのは、アメリカの副大統領として全て初めてづくしとなる。