2020年08月13日 13:40 公開

11月の米大統領選に野党・民主党の正副大統領候補として臨むことになった、ジョー・バイデン前副大統領(77)とカマラ・ハリス上院議員(55)は12日、コンビとして初めて登壇し、ドナルド・トランプ大統領(74)を「泣き言だらけ」の無能な指導者だと非難した。

ハリス氏は、先進国の中で新型コロナウイルスの被害が特にアメリカでこれほど甚大なものになったのは、トランプ氏の責任だと糾弾した。